【鹿島】内田篤人が語った荒木遼太郎との共演「年を取ったせいか俺、嬉しいんだよ」

鹿島の内田篤人(左)と荒木遼太郎(右)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

新ユニットにもなり得る。内田が起点を作り、荒木が臨機応変にプレーを選択。

[いばらきサッカーフェス] 水戸 0-1 鹿島/2020年2月1日/ケーズデンキスタジアム水戸

 プレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル」の水戸ホーリーホック対鹿島アントラーズ戦、鹿島の高卒ルーキー荒木遼太郎が鮮やかに決勝点となる先制ゴールを決めて脚光を浴びた。

 その持ち味を巧みに引き出していたのが31歳の右サイドバック内田篤人だった。やや高い位置で起点を作り、相手がボールを奪いに来るところ、絶妙なタイミングでクサビのパスを放つ。荒木はピッチ中央で、サイドで、そしてゴール前で、パス、ドリブル、クロス、そしてシュート……臨機応変にプレーを選択。そうすることで、チームの攻撃の幅であり選択肢を増やしていった。

 その流れから中央にできたスペースを攻略。白崎凌兵のスルーパスから荒木が左足を振り抜き、決勝点になるゴールを奪ってみせた。

 内田は1月29日に18歳の誕生日を迎えたばかりの荒木のプレーぶりについて、次のように語っていた。

「上手だなと。高卒ですぐ入ってきて、いきなり練習中から、スピードとか、体の強さとか、違うものがあった。技術が高くて、今風なサッカー選手。上手な選手だと思う。相手が来ても慌てない。体は小さいけれど、ゴリゴリと行ける。ゴールもそうだった。(途中出場の松村(優太)も自分の特長を出せていた」

 そのうえで、彼らのはつらつとしたプレーが、自分自身にも好影響を与えていると言った。

「若い選手が伸び伸びしているといいよね。年を取ったせいか、若い選手と練習すると俺、嬉しい。そういう選手の成長を見つつ、また、新しい選手が入ってくるとね」

 また、試合中にピッチ上で二人が確認し合う光景もあった。

「『僕、(ディフェンダーに)背負われらどうしよう』と。『(ボランチの永木)亮太が空いていないか?』とは伝えたかな。体が小さくても(遠藤)ヤスのように、体が出来上がってくれば、ボールをキープできる術を身に付けられる。そうすれば、技術がさらに生きると思う」

 そんな未来への期待も寄せていた。

 一方、東福岡高校から今季加入した荒木は内田との”共演”について、「小さい頃から、代表戦でも鹿島戦でも見ていて、一緒にプレーしていて嬉しい気持ちと、実際にプレーして、やっぱりすごいんだなと感じる部分もありました」と振り返っていた。

 内田と荒木。鹿島の新たなユニットになり得る可能性も示した。ザーゴ体制下、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのメルボルン・ビクトリー戦は敗れたのは確かに痛恨だったが、実戦2試合を経て、新体制・鹿島の変化と期待を感じさせる船出を切った。

関連記事:【鹿島】内田篤人が好機連発、ザーゴ戦術に「違和感ない」。気になる交代の理由は…

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads