【ACL 神戸】イニエスタを困惑させた初の韓国アウェー戦。「邪魔された」とフィンク監督も吐露

神戸のアンドレス・イニエスタ。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

試合終了間際の90分、イニエスタ、酒井高徳、古橋亨梧とつないで決勝点!

[ACL GS1節] 水原三星 0-1 神戸/2020年2月19日/水原ワールドカップスタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ2節、2019シーズン天皇杯覇者のヴィッセル神戸がアウェーで韓国の水原三星ブルーウイングスに、1-0の勝利を収めた。これで神戸はホームでのジョホール・ダルル・タクジムFC戦に続いてGS2連勝で勝点6に伸ばした。

 チャンスを作り出すものの、なかなかゴールを決められずにいた試合終了間際だった。90分、左サイドでボールを持ったイニエスタが浮かしたパスで、縦に走った酒井高徳につなぐ。その酒井のクロスを古橋亨梧がスライディングで合わせて、ついに均衡を破る。これが決勝点になって、神戸がアウェー韓国の地で貴重な勝利を収めた。

 トルステン・フィンク監督の試合後の記者会見のコメントが、クラブの公式サイトで掲載されている。フィンク監督は次のように、この試合を振り返っている。

「ピッチがあまり良くなかったなか、1-0で勝てたことは大きいです。ボールをつなぐのが自分たちのスタイルなので、ピッチが良くないことは自分達にとって問題が大きく、ボールがないところでもピッチ状態に邪魔されたところがあったと思いますが、少ないチャンスを決められて勝利できて良かったです。この試合を勝てたことは、このグループステージを抜けるための重要な勝利になると思います」

 そのように、イニエスタ、西大伍、そして最後方のGK飯倉大樹をはじめ技術をベースにするチームだけに、指揮官はピッチ状態を嘆き、そのなかで勝利を収めたことを高く評価した。

 また、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンが前半で渡部博文と交代した理由について、次のように語っている。

「相手は5-4-1のシステムで、相手のシステムに一番合ったシステム(4-1-4-1)を選びました。渡部選手に関しては、トーマスが小さな問題ですが、問題を抱えたのでリクスを負いたくないので交代しました。そのなかで、彼(渡部)はとても良くやってくれました。ビルドアップにしっかり参加して、ディフェンスもそつなくこなしてくれたので、勝利に繋がったと思います」

 ゼロックススーパーカップから公式戦3連勝と強さも感じられるなか、今週末のJ1リーグ開幕を迎える。神戸は2月23日(16:00開始)、ホームで横浜FCと対戦する。

 神戸のメンバーは次の通り。

▼ヴィッセル神戸
▽先発
GK
18 飯倉大樹
DF
4 トーマス・フェルマーレン
(HT → 3 渡部博文) 
22 西 大伍
24 酒井高徳
25 大﨑玲央
MF
8 アンドレス・イニエスタ
14 安井拓也
(90+1分→27 郷家友太 )
5  山口 蛍
FW
11 古橋亨梧
13 小川慶治朗
(72分→21 田中順也 )
49 ドウグラス

▽控え
GK
1 前川黛也
DF
17 菊池流帆
19 初瀬 亮
FW
9 藤本憲明

▽監督
トルステン・フィンク

関連記事:【神戸】ポドルスキ退団の影響は?18歳新人を「神戸の顔」後継者候補にフィンク監督が挙げる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads