J2開幕!千葉が米倉恒貴のゴールで琉球に勝利。福岡、磐田、大宮など勝点3奪取

開幕戦、米倉恒貴が決めた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ユン・ジョンファン監督は攻撃面を課題に挙げる。

[J2 1節] 千葉1-0琉球/2020年2月23日/フクダ電子アリーナ

 J2リーグが2月23日に開幕を迎え、注目を集めたユン・ジョンファン監督の就任したジェフユナイテッド市原・千葉は米倉恒貴の開始1分のゴールを守り切り、FC琉球に1-0の勝利を収めた。ダービーはアビスパ福岡、昨季上位対決は大宮アルディージャ、徳島ヴォルティス、さらに1年でのJ1復帰を目指すジュビロ磐田などが勝利を収めた。

 立ち上がりから高い位置で積極的にプレスを掛ける千葉は、開始早々、堀米勇輝の左サイドからのクロスに、後方から飛び込んだ米倉が豪快にジャンプヘッドで合わせてゴールネットを揺らし、いきなりホームのフクアリに歓喜をもたらす。

 その後も躍動感ある攻撃を見せる一方、琉球も持ち味である素早いパス交換からゴールに迫ろうとする。

 千葉はぶ厚い守備で琉球の反撃を食い止め、試合終盤には5バックにしてさらにゴール前を固める。そして小野伸二らを投入した琉球の攻撃を無失点に抑えて、開幕戦での勝利を収めた。

 今季就任したユン・ジョンファン監督は試合後のフラッシュインタビューで、「早くゴールを決めたあと、攻撃的な面では少し委縮してしまったのか物足りなさも感じましたが、貴重な1勝になりました。追加点を決められる雰囲気を作ってくれたなかで決めきれず、そこをこれからの修正点にしたいです」と語った。

 また、琉球の樋口靖洋監督は「率直に言って、非常に悔しいです。開幕戦で勝てなかった以上に、あれだけ守備的な相手に負けた、と。攻撃的なサッカーをやろうとしているなか、点を取り切れませんでした。こういうサッカーに負けることが本当に悔しいです。あれだけブロックを後方に敷いてきて、最初の1点が重くのしかかり、よけいに相手の守備がきつくなったと思います。ただ、それも想定していたので、やりきる自信をつけたかったです」と振り返った。

琉球の河合秀人も奮闘!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI
千葉のクレーベも前線で存在感を発揮。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

関連記事:生粋の千葉戦士、米倉恒貴が掲げた今年のテーマとは?G大阪から完全移籍で心機一転!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads