【鹿島2-4札幌】後半だけで6得点。アラーノと町田浩樹が決める。鈴木武蔵から2点、ジェイ2発!

鹿島のファン・アラーノ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

練習試合。札幌はリベロ田中、ストッパー駒井、WB高嶺がまずまず機能。

[練習試合] 鹿島 2-4 札幌/2020年3月21日

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中断中のJ1リーグ、鹿島アントラーズと北海道コンサドーレ札幌のトレーニングマッチが3月21日に45分×2本で組まれ、DAZNでも中継された。鹿島はファン・アラーノと町田浩樹が得点を決め、一方、札幌は鈴木武蔵とオウンゴール、さらにジェイが2ゴールを奪取。札幌が4-2の勝利を収めた。

 鹿島はザーゴ監督が起用を続けてきたベストに近いと言えるメンバーが4-4-2で先発。一方、札幌は昨季の相次ぐ大ケガから復活を遂げた駒井善成が3-4-2-1の右ストッパーで先発。大卒新人の田中駿汰がリベロ、高嶺朋樹が左ウイングバックで起用された。

 試合は札幌がボール支配率で上回り丁寧にパスを回しながら好機を探り、鹿島は時間が経つごとに選手の運動量を増やしていく。

 先制は鹿島。49分、三竿健斗からの鋭い縦パスを受けたファン・アラーノがDFを振り切りゴールを決める。

 すると63分、札幌は白井康介のクロスに鈴木武蔵がヘッドで豪快に合わせて追い付く。

 その後、65分に鹿島はコーナーキックから町田浩樹、78分に札幌は鈴木の直接フリーキックが相手の頭に当たってそのままゴールネットを揺らす(記録はオウンゴール)。

 そして選手交代を繰り返すなか、88分、左サイドの菅大樹から右サイドのルーカス・フェルナンデスに展開。そのクロスに、ジェイがドンピシャのジャンピングヘッドで合わせ、代わっていたブエノと関川郁万のCB陣の壁を突き破り、再逆転に成功する。

 さらに90+2分、ラストプレーで再びルーカス・フェルナンデスのクロスに、ジェイが豪快にヘッドで合わせて、札幌が4-2の勝利を収めた。

 コンディション調整の難しさを感じさせるなか、両チームともに随所でクオリティの高いプレーを見せた。

関連記事:【札幌】駒井善成が語った浦和時代からの「変化」と「進化」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads