【鹿島】新メディアで内田篤人が同僚を一刀両断「変態天才オジサン」「顔面圧迫キャプテン」

鹿島の内田篤人。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

音声配信アプリ「stand.fm」にクラブ公式チャンネル開設。1回目の配信をスタート!

 J1リーグの鹿島アントラーズが5月12日、音声配信アプリ「stand.fm(スタンドエフエム)」に『鹿島アントラーズ公式チャンネル』の配信をスタートした。初回は元日本代表DF内田篤人がチームメイトの一言斬りで登場。さっそく、「顔面圧迫キャプテン」「変態・天才オジサン」と新旧の同僚を一刀両断した。

「stand.fm」はどこにいても気軽に収録できて、すぐコンテンツを配信できる音声配信アプリ。収録者が離れていてもアプリ内で一緒に収録ができるため、取材時の場所、時間の自由度が高まり、これまで以上に様々な鹿島アントラーズのコンテンツを配信していくという。利用者は通勤・通学の移動中、料理や仕事中など好きなタイミングで音声コンテンツを聴くことができる。

 初回は、中田浩二C.R.Oの進行で、内田篤人がチームメートについて語る「バッサリいきます!内田篤人のチームメート一言斬り!」で登場。

 中田C.R.Oから「鹿島アントラーズを紹介してください」と振られた内田は、「陸の孤島。首都高に乗って、東関道の成田の先、この道はどこへ行くんだろう? どこまで行くのだろう? と最終地点の潮来で降りたあと、そこが鹿島です」と紹介。

 さらにサッカーに関しては、「伝統と歴史があって、タイトルを一番獲っています。ジーコさんの力をもらい、セレソンや日本代表選手もたくさん輩出してきました。チームカラーはディープレッド」と伝えた。

 そして、チームメイトの一言斬りでは、まず三竿健斗を「顔面圧迫キャプテン」と名付けた。

「顔が大きくて、とってつけたような感じ。画用紙をつけたような圧迫感がある。選手としては代表にも呼ばれ、若いけれど、サッカーで最も大切な心臓を担っている。大事なポジションの選手です」

 そのように三竿の”存在の大きさ”を強調していた。

 さらにOBでもある野沢拓也を「変態天才オジサン」と斬る。

「右サイドでよく組んでもらってきましたが、上手いです。トラップの音がしない。靴紐は結ばない。できたら裸足でやりたいと言うぐらい感覚がおかしい。天才です。一度、『無理、無理』と言われているシチュエーションでパスを出したことがありますが、何とかしてくれました。鹿島が強かった時の戦術は、あの人にボールをあずけて、俺らが走る、という戦術でした」

 そのようにさっそく篤人目線で紹介をしていた。

 エフエムかしま(FM 76.7)で放送中のクラブ公式ラジオ番組「アントラーズラウンジ」も、このチャンネル内で再放送され、1回目が配信されている。

 番組の視聴は「stand.fm」のアプリまたはWebで可能。チャンネルのフォローや放送へのコメント、新着放送の公開通知はアプリ限定となる。第2回配信は5月14日(木)12時 、第3回配信は5月19日(火)12時を予定している。

関連記事:【鹿島】内田篤人の一言斬り。永木亮太、広瀬陸斗、小泉慶…「ウチの親がファン」「ラジオでは流せないかも」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads