【浦和】観客数制限時の「駒場開催」も検討、しかし実現が難しい理由は…

埼玉スタジアムでの浦和とサポーター。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

東京オリンピック開催時は併用する予定だったが――。

 Jリーグは6月27日にJ2再開・J3開幕、そして7月4日にJ1が再開し、最初は無観客で開催される。そして政府は7月10日以降、大規模イベントについて「会場の50パーセント、あるいは5000人以下の少ないほう」で観客を迎え入れての開催を認めるガイドラインを示している。

 Jリーグのスタジアム規模を考えると、後者の「5000人」で対応することになる。ただしJリーグとNPB(プロ野球)合同で行う新型コロナウイルス対策連絡会議では、感染症の「専門家チーム」から、観客を動員する場合には、スタジアム外の交通や飲食面の対策を含め、より慎重を期して対応すべきだという見解が出た。1000人の動員から再開した台湾プロ野球の事例を参照にしていくそうだ。

 そこで一つ考えられるのが、コスト削減が図れる規模の小さなスタジアムを活用する案だ。例えば浦和レッズであれば、近年は埼玉スタジアム(6万3700人)でJリーグとルヴァンカップ、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)が、浦和駒場スタジアム(2万1500人)で天皇杯の最初に登場する試合が開催されてきた。

「5000人」以内であれば、駒場の利用も可能だ。6月10日に経営状況の見通しについてオンラインの記者会見で発表した浦和の立花洋一社長は、今後の浦和駒場スタジアムの活用の可能性について質問を受けて、次のように語った。

「埼玉スタジアムは今季、東京オリンピック開催のため、ほとんど使えない状況でした。しかし延期になったため、そのスケジュールが空いたことで、使えるようになりました。本来でしたら、私たちは五輪期間など、アウェーで連戦したり、浦和駒場スタジアムを活用する計画を立てていました。どちらを使うほうがいいのか検討は続けていますが、(五輪延期決定とリーグ再開が決まった)現時点では、埼玉スタジアムで統一して開催する方向で進めています」

 基本的には埼玉スタジアム開催を考えているということだ。立花社長は一番の理由として、埼玉スタジアムに最新のLED電飾による広告が配備されていることとウイルス感染対策の2点を挙げた。

「広告の電飾看板などを動かすことを考えた場合、費用も手間もかかります。何より、大きなスタジアムのほうが、ウイルス感染対策を考えた場合、密の状況を作りにくく、まずそこを優先することを考えて準備を進めています」

 まず、埼玉スタジアムが優先される。一方、万が一の場合には、浦和駒場スタジアムの活用も検討する。当面はそのような体制となりそうだ。6月15日に再開後のリーグ戦とルヴァンカップの日程が正式に発表される。

関連記事:【浦和】Jリーグ無観客試合の掲出物禁止、立花社長は「サポーターの命」と最後まで反論したことを明かす

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads