ハノーファー室屋成は背番号21。意外!?あの選手への憧れを明かす

日本代表での室屋成。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

3年契約にサイン。原口元気から「練習は厳しいと聞いている」。

 ドイツ・ブンデスリーガ2部のハノーファー96は8月17日、J1リーグFC東京に所属していた日本代表DF室屋成と正式に契約をかわしたと発表した。背番号は「21」に決定。バイエルン・ミュンヘンでプレーしていた元ドイツ代表サイドバックのフィリップ・ラームに憧れていたことから、その番号を選んだそうだ。

 室屋は15日に味の素スタジアムで行われた名古屋グランパス戦でフル出場し、1-0の勝利に貢献。するとそのまま空港に向かいドイツに渡った。

「試合後、そのまま飛行機に乗りました。よく眠れましたし、コンディションも整っています」

 そのように室屋は語る。

 そしてクラブハウスでのメディカルチェックをパス。スポーツダイレクターのゲルハルト・ツーバー氏の事務室で、室屋は3年契約の契約書にサインした。

 また、ホームスタジアムのAWDアレーナを眺めた室屋は「今回の移籍を嬉しく思っています。今すぐにでもこのスタジアムでプレーしたい」と意欲を示すとともに、チームメイトとなる原口元気から「練習はとても集中的に行われて厳しいと聞いている」ことも明かしている。

 背番号は21に決まった。ドイツ代表でもキャプテンを務めたラームがバイエルンでつけていた番号であり、左右両サイドを高い次元でプレーしていたそのプレースタイルをはじめ、「この日本人選手が尊敬していた存在だった」と説明されている。

 ハノーファーの3年ぶりの1部復帰に向けて――。室屋がキーマンとなる。

 室屋は1994年4月5日生まれ、大阪府出身、26歳。176センチ・70キロ。これまでのキャリアは、青森山田高校 ― 明治大学 ― FC東京 ― ハノーファー。2019シーズン、Jリーグベストイレブンに選出。J1リーグ通算107試合・2得点、日本代表10試合・0得点を記録。今季はJ1リーグ10試合・1得点・1アシスト。

注目記事:ハノーファー原口元気が室屋成に太鼓判「とにかく力強く走る。俺より強い」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics: FC Tokyo’s Sei MUROYA join Hannover96 (perfect).

Ads

Ads