東京五輪代表候補DF岡崎慎が清水からFC東京に復帰「何事にも変えがたい貴重な8か月に」

岡崎慎。(C)SHIMIZU S-PULSE

「今回の経験を活かし、東京の勝利のために自分の持ってる力を最大限発揮」

 J1リーグ清水エスパルスは10月1日、FC東京から期限付き移籍していたDF岡崎慎が、 本人と両クラブの合意のもと、 FC東京に復帰することが決まったと発表した。

 岡崎は1998年10月10日生まれ、181センチ・74キロ。これまでのキャリアは、コアラSC ― FC東京U-15深川 ― FC東京U-18 ― FC東京― 清水エスパルス ― FC東京。U-21・22・23日本代表(東京オリンピック日本代表候補)に選ばれてきた。

 今季成績は、J1リーグ9試合・0得点、 ルヴァンカップ3試合・0得点。通算成績は、J1リーグ21試合・1得点、 J3リーグ71試合・3得点、 ルヴァンカップ14試合・0得点、 天皇杯3試合・0得点。

 岡崎は清水を通じて、次のようにコメントしている。

「短い期間でしたが、お世話になりました。個人的にはもっとチームの勝利に貢献したかったですが、何事にも変えがたい貴重な8か月だったと思います。この経験を必ず今後のサッカー人生に活かしていきたいと思います。最後に、清水で出会い、お世話になったチームメイトや監督、スタッフ、温かく応援していただいたファン・サポーターの方々には本当に感謝しています。本当にありがとうございました」

 一方、FC東京を通じて、次のようにサポーターへあいさつをしている。

「このたび、清水エスパルスから復帰し、再び青赤のユニフォームを着て戦うことになりました。今回の経験を活かし、東京の勝利のために自分の持ってる力を最大限、発揮できればと思います。応援よろしくお願いします」

注目記事:【日本代表】背番号「10」中島翔哉は落選。森保一監督が理由を語る

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Shimizu S-Pulse’s Makoto Okazaki returns to FC Tokyo.

Ads

Ads