×
×

【川崎フロンターレ】常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMOのコラボ、中村憲剛に捧げた『天才の種』が緊急配信開始

引退セレモニー時の写真。©︎KAWASAKI FRONTALE / photo by Suguru Ohori

そこから育つのはキレイな花ではなく――。「KENGO Thanks VTR」も川崎の公式You tubeチャンネルで公開。

「中村憲剛選手引退セレモニー」で常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMOの初の特別コラボにより中村憲剛に捧げた楽曲『天才の種』が12月12月27日、急きょ配信開始された。さらに川崎フロンターレのオフィシャルYouTubeチャンネルにて「KENGO Thanks VTR」も公開された。

『天才の種』は引退を発表した中村憲剛に向けて書き下ろされた楽曲。作詞・編曲を常田真太郎(スキマスイッチ)、作曲を宮崎朝子(SHISHAMO)が担当し、物語の始まりを感じさせるピアノから始まり、徐々にダイナミックになっていくバンド演奏と、夢を追いかけ努力し、「続ける」ことで小さな種を育て、キレイな花を咲かせるのではなく、大きな木が育つというこの楽曲のストーリーは、中村憲剛選手の人生と重なるように制作された。今夢に向かって努力している人や一度立ち止まってこれからの人生に向かう人に寄り添うとともに、背中をそっと後押しをする楽曲となっている。

 まさに中村憲剛選手の引退という門出に捧げる一曲が27日より急きょ配信スタートされた。さらに「KENGO Thanks VTR」も川崎フロンターレオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。

 中村は次のようにコメントしている。

「この度、スキマスイッチの常田真太郎さんとSHISHAMOの皆さんがタッグを組んで自分の引退セレモニーのために素晴らしい楽曲を作ってくださいました。

 しんたさんとSHISHAMOの皆さんが組んでいただくと聞いた時から完成を心待ちにしてました。

 セレモニーで流れたVTR、イントロが流れ出した瞬間からそれまで我慢していた涙が止まりませんでした。そして、スピーチでも話しましたが、それまで他人事のように感じていた自分の引退がこの楽曲を聞いたことで一気に現実のものになりました。

 音楽は人の心を動かす力があります。 この『天才の種』からしんたさんとSHISHAMOの皆さんの自分への想いを感じて、心が震えました。

 セレモニーに来てくれた人、LIVE配信を見てくれた多くの人から『あの歌すごい良かったよね』と言ってもらえました。自分のことのように嬉しかったです。

 それと同時に、より多くの方にこの楽曲を聞いて欲しい、そして届いて欲しいなと思いました。それが今回実現することになり、本当に嬉しく思っていますし、実現に向けて動いてくださった多くの方に心からの感謝を申し上げたいと思います。

 ありがとうございました。

 この素晴らしい楽曲を自分のために作ってくれたこと、それをその場だけの物にせず多くの人に届けようとしてくれたことがとても嬉しいですし、自分は本当に幸せ者です。 皆さんがこの楽曲を聴いて、それぞれがそれぞれの天才の種を育てて大きくして欲しいと思いますし、この楽曲が皆さんにとっても大切な一曲になることを願っています」

■常田真太郎(スキマスイッチ)×SHISHAMOリリース情報
Digital Single 「天才の種」 
(読み:てんさいのたね)
2020年12月27日(日)配信リリース
https://umj.lnk.to/tensainotane

——————————
「KENGO Thanks VTR」
川崎フロンターレオフィシャル
YouTube https://youtu.be/n09HqlZYhEk

注目記事:中澤佑二、闘莉王、GKは…。J最多得点の佐藤寿人が引退会見で語った「壁となって立ちはだかってきた」存在とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads