×
×

【千葉】左利きの21歳FWサウダーニャを獲得「戦う準備はできている」。バイーアから期限付き移籍

千葉への加入が決定したFWマテウス・サウダーニャ。※ECバイーアの公式サイトより

ブラジル1部で今シーズン17試合・2得点を記録。

 J2リーグのジェフユナイテッド市原・千葉は1月19日、ECバイーア所属のブラジル人FWマテウス・サウダーニャ(Matheus Saldanha)を期限付き移籍で獲得した。高さと強さ、さらに俊敏性を兼ね備えた左利きのストライカー。なお日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置に伴い、入国でき次第メディカルチェックを実施し、正式に契約に至る見込みだ。

 登録名はサウダーニャ。サウダーニャは1999年8月18日生まれ、ブラジル出身、21歳。185センチ・78キロ。バイーアの下部組織からトップチームに昇格している。今シーズンは、ブラジル1部(セリエA)で17試合・2得点を記録。ポジションはセンターフォワードで、オプションとしてセカンドトップ、右ウイングでもプレーしている。

 サウダーニャは次のように千葉のファンに向けてコメントしている。

「ジェフユナイテッド市原・千葉サポーターの皆さま、こんにちは。マテウス・サウダーニャです。ポジションはフォワードです。J1昇格という目標を成し遂げるために、戦う準備はできています。個人的にも、グループとしても大きなチャレンジになりますが、みんなで必ず昇格しましょう!」

注目記事:【千葉】前線の外国籍選手獲得に向けて交渉中。鈴木健仁GMが明かす

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads