山形の小野田将人が盛岡に完全移籍。湘南時代にJ1リーグ10試合・1得点を記録

山形から盛岡への加入が決まった小野田将人。(C)SAKANOWA

J2昇格に向けて「奢ることなく怯むことなく、チームメイトと切磋琢磨して成長したい」。

 J2リーグ・モンテディオ山形のMF小野田将人(Masahito ONODA)が2月21日、J3リーグいわてグルージャ盛岡に完全移籍することが発表された。背番号は「36」。

 小野田は1996年5月4日生まれ、岡山県出身、24歳。180センチ・69キロ。これまでのキャリアは、吉備FC ― サウーディFC ― 柳ヶ浦高 ― FC今治 ― 湘南ベルマーレ ― 今治 ― 山形 ― 盛岡。これまでの通算成績は、J1リーグ10試合・1得点、J2リーグ11試合・0得点。

 小野田は山形のファンに次のようにコメントしている。

「モンテディオに関わる全ての皆様、1年間ありがとうございました。開幕直前にこのようなご報告をさせていただくこと申し訳ありません。

 昨シーズンは山形でプレーするチャンスをいただき、自分の中でも新たな挑戦としてJ1にチームと一緒に戻るために取り組み、そして様々な状況下で深く思い悩んだシーズンでもありました。試合に多く出場できず、チームに貢献することもできませんでしたが、一緒にプレーした選手やコーチングスタッフ、何よりも応援していただいたサポーターの皆様やチームに関わる皆様に支えられ、シーズンを終えることができました。

 チームとカテゴリーは変わりますが少しでも応援いただければ嬉しく思います。素晴らしいクラブでプレーできたことを誇りに思います。ありがとうございました」

 一方、いわてのファンには、次のように呼び掛けている。

「このたびモンテディオ山形より移籍してきました小野田将人です。『マサ』や『オノ』と呼んでください。初めに新しい環境での挑戦を快く受けていただいたいわてグルージャ盛岡の関係者の皆様、本当にありがとうございます。

 自分自身初のJ3という舞台での挑戦になりますが、奢ることなく怯むことなく、チームメイトと切磋琢磨して成長したいと思います。そして何よりJ2昇格とJ3優勝という目標を達成するために、怪我なく1年間プレーしチームに貢献していきます。

 サポーターの皆様と1日でも早くお会いし、顔と名前を覚えていただき、一緒に喜びを分かちあえる日が来ることを楽しみにしています。よろしくお願いします!」

注目記事:今治から湘南へ飛び級移籍。小野田将人が「曺さんと岡田さんは似ている」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads