×
×

【浦和】古巣徳島戦へリカルド監督”あのFW”の加入で「特長が変わった」

徳島戦に向けて抱負を語った浦和のリカルド・ロドリゲス監督。協力:浦和レッズ

昨季まで4年間指揮、『少し特別』な一戦へ。「上手くいったこと、上手くいかなかったこと。全ての経験が私を成長させてくれました」

[J1 9節]  浦和 – 徳島/4月11日16:00/埼玉スタジアム

 浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が4月9日、オンラインによる記者会見に応じて11日のホームでの徳島ヴォルティス戦に向けて抱負を語った。

 昨季まで4シーズン指揮をとり悲願のJ1リーグ昇格を成し遂げた。その古巣との対決になる。

 指揮官はまず7日に行われた清水エスパルス戦(〇2-0)の総括と分析を行い、徳島の試合はアビスパ福岡戦をチェック。「もちろんチームとしての分析は進めています。個人としてはこれからになります」と、ここからより具体的な策を練るという。

「チームの狙い、ポジショニング、相手を引き付けてプレーするところは、昨年までの徳島と通じるところがあり、守備の仕方も浦和と少し似ているやり方だと聞いています。ただ例えば宮代(大聖)のような新戦力が加わり、少し特長が変わってきていますね」

 そのように徳島が川崎フロンターレからレンタルで獲得しているミレニアム世代のエース格と言えるストライカーの名前を具体的に「新たな特長」の一つとして挙げていた。

 ただし、あくまでも優先すべきは、矢印をまず自分たちに向けることだとも強調する。

「最も重要なのは浦和として、これからも進化し続けること。相手は関係なく、チームとして積み上げ、歯車が上手く噛み合い前へ進んでいけるように、パフォーマンスを上げていきたいです。もちろん徳島は私の古巣で少し違う試合になるかもしれませんが、今重要なのはチームとして成長することです。これが浦和だと分かるスタイルだと明確に見える方向へ持っていくことだと思います」

 戦術面などキャラクターの似たチーム同士の対戦。勝敗を分けるポイントを問われると、リカルド監督は次のように言った。

「両チームともにポゼッションを高めボールを持ちたい、そのために高い位置からプレスをかける点は共通しています。最終的に何が勝敗を分けるのかというと、選手のクオリティ、その日の選手の状態、そしてプレーの最後のところで何を見せられるかになってきます」

 日本でのキャリアをスタートさせた徳島との対戦――。改めてその“少し特別”な試合への意気込みを問われ、指揮官は次のように語った。

「4年間、たくさんの試合をして、たくさんの練習をしました。徳島での全ての経験が私を成長させてくれました。指導法や補強、上手くいったこと、上手くいかなかったこと、いろいろあります。チームが上手くいっていたとしても、選手が入れ替われば、どのように組み込むのかを考えていきます。スタッフも毎年異なり、そのなかで成長しなければいけません。終わりのない仕事です。その徳島での経験が浦和で生きています。もちろん、終わりのない仕事は、あらゆる職業に言えることかもしれません」

 浦和対徳島の一戦は4月11日16時から、埼玉スタジアムで行われる。

注目記事:波乱のFC東京対札幌、ドグソで一人ずつ退場。「渡辺が退場ならば…」長谷川監督の見解は“妥当”

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads