×
×

【広島】新スタジアムパーク完成予想図を公開!2024年開業に向けて

試合前のイベントで盛り上がる「スパイラル広場」(C)SANFRECCE HIROSHIMA

年間220万人以上集客、365日にぎわう場所に。

 J1リーグのサンフレッチェ広島は4月23日までに「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」の完成予想図の外観、鳥瞰、そして内観を含むパースを公開した。2024年の供用開始に向けて、いよいよ広島のスタジアムパーク構想が具体的に動き出す。

 広島は「サッカー事業を通じて、夢と感動を共有し、地域に貢献」 を理念に掲げ、 設立以来、日本一の育成・普及型クラブを目指して事業を推進してきた。そして年間220万人以上を集客する、 365日にぎわうスタジアムパーク実現に向けて、 広く県民・市民に向けた情報発信を強化することにより、 さらに一層の機運の醸成を図っていくことを目的として「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」に取り組んでいる。

 そうしたなか2024年のスタジアムパーク開業に向けて、 一層の機運醸成を図ろうと、4月16日から優先交渉権者に選定された「大成・フジタ・広成・東畑・EDI・復建・あい ・シーケィ共同企業体」(以下、同共同企業体)が作成したイメージパースを、 当社スタジアムパークプロジェクト公式HPにて公開してきた。

 23日には第2弾として、主にスタジアムの内部の様子を中心に、21枚のイメージパースが公開された。同社では「広く皆さまに、広島の『まち』を元気にする『スタジアムパーク』の具体的なイメージを膨らませていただければ幸いです」と呼び掛けている。

 また4月30日にはイメージCG動画が公開される( 同企業体の公募提案時の資料をもとに、当社が独自で作成したもの)。 

■「HIROSHIMA スタジアムパーク PROJECT」公式サイト
【スタジアムパーク 公式サイト トップページURL】
https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/

 【スタジアムパーク 公式サイト GALLERYページURL】 https://www.sanfrecce.co.jp/stadiumpark/gallery/

【クラブからの留意事項】
これらのイメージパースは、優先交渉権者の公募提案時のものであり、 今後、変更の可能性があります。 また4月30日(金)に公開を予定しているイメージCG動画は、 同企業体の公募提案時の資料をもとに、サンフレッチェが独自で作成するものであり、 実際の計画とは異なります。現在及びスタジアムパーク完成時の、 中央公園広場とは異なる箇所があります。 

試合時に観客の回遊動線となる幅10メートルの「メインコース」(C)SANFRECCE HIROSHIMA
入場する選手たちの雰囲気が感じられる「トンネルラウンジ」。(C)SANFRECCE HIROSHIMA
プレーヤーの一体感と士気を高めるロッカールーム。(C)SANFRECCE HIROSHIMA
オープンコートによりまちに開かれたスタジアム。(C)SANFRECCE HIROSHIMA

注目記事:【浦和】2020年度決算、「過去最大」6億1200万円の純損失。債務超過は免れる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads