×

日本代表FW浅野拓磨がパルチザンと「契約解除」。度重なる給与未払いで「この決断をするにあたり、凄く悩みました」

日本代表での浅野拓磨。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ブログで表明。「今現在も相当額の未払いがあります」

 日本代表FW浅野拓磨が5月2日、自身のオフィシャルブログを更新して、英語と日本語で、パルチザン・ベオグラードとの契約を解除したと発表した。度重なる給与などの未払いが続いていて、現在も相当額の未払い額があるという。クラブの対応も「不誠実」で、選手へのリスペクトを欠くため、この決断に至った。

 一方、パルチザンに対して、「自分にサッカー選手としてのチャンスを与えてくれたクラブであり、とても大切なクラブ」と感謝の思いも綴っている。

 浅野は今季これまでセルビア1部リーグ33試合・18ゴール・8アシストを記録。得点ランキング2位に入る活躍を見せていた。

 パルチザンは28勝2分4敗(87得点・18失点)でリーグ2位につけていた。

 浅野は次のようにつづっている。

 私、浅野拓磨はこの度パルチザン ・ベオグラードとの選手契約を解除しました。

 この決断をするにあたり、凄く悩みましたがクラブによる度重なる給与等の未払い(今現在も相当額の未払いがあります)、またそれに対する不誠実な対応によりクラブからのリスペクトを感じられなくなってしまった事がこの決断の理由です。

 パルチザンは自分にサッカー選手としてのチャンスを与えてくれたクラブであり、とても大切なクラブです。 ベオグラードに呼んでくれたサヴォ・ミロシェヴィッチ監督、いつも信頼して後押ししてくれたアレクサンダル・スタノイェヴィッチ監督。大好きなチームメイト、チームスタッフ。そしてどんな時も応援してくれたサポーター。 ベオグラードで出逢った全ての人に感謝しています。

2021年5月2日
浅野拓磨

注目記事:日本代表FW浅野拓磨が約5億円で移籍へ。希望は欧州主要国だが、3チームからオファー!トルコ、中国、さらに…。パルチザンで大ブレイク

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads