×

【鹿島】「和製ジーコと喜びたい」土居のハットトリックを“本家”予言「聖真、今日決めるよ」

試合後のオンラインによる取材でジーコとの“秘話”を明かした鹿島の土居聖真。協力:鹿島アントラーズ

28年の時を経て、Jリーグ誕生の日に記念すべきプロ初の1試合3発。「ジーコさんと抱き合って喜びました」。

[J1 14節] 鹿島 5-3 横浜FM/2021年5月15日/県立カシマサッカースタジアム

 J1リーグ鹿島アントラーズの土居聖真が横浜F・マリノス戦、プロ11年目にして初のハットトリックを達成した。試合は荒木遼太郎、上田綺世も決めて5-3の逆転勝利でリーグ4連勝、暫定6位に浮上した。

 横浜FMに流れを掴まれオナイウ阿道に先制点を決められた。それでも緊張感の張り詰めた一戦、一つのミスを見逃さなかった。40分、GKのファンブルから二度、三度と詰め、最後は土居がゴール上部へバーを叩きながらシュートをねじ込んだ。

「ボールがこぼれてきて、前にGKとDFがたくさんいたので少し難しかったですが、コースが見えたので、上に向かって、力を入れてというよりも、しっかり目掛けてイメージ通りに蹴れました」

 この1点が試合を大きく動かした。横浜FMがよりリスクを掛けて前傾となったところ、ホームチームは効果的に背後にできたスペースを突いていった。

 そして後半立ち上がり早々の自身2点目は白崎凌兵からの「キーパーか出るか出ないか絶妙なパスをくれました」というスルーパスを受けて、「自分のタイミングでシュートを打てました」。3点目のPKは「前回のPKを防がれていたので、練習の成果が出ました。スンテさんから相手のGKの情報をもらっていました」と落ち着いて、そして自信を持ったショットでネットを揺らした。

 28年前のホームで迎えたJリーグ開幕・名古屋グランパス戦、ジーコのハットトリックとアルシンドの2得点による圧巻5-0の大勝劇で、鹿島の歴史は始まった。鹿島ユース出身の土居がこの2021年の「Jリーグの日」にハットトリックを達成。

 しかも、この日、28歳のアタッカーは試合前にジーコからゴールを予言されていたそうだ。

「28年前は、僕が生まれた年でもあり縁を感じています。実は今日の試合前、ジーコさんから『今日、聖真が点を取るよ』と言われていました。本当の話です。普段、点に関してジーコさんに言われることはないのですが、今日、たまたま言ってもらっていて。試合後、ジーコさんと抱き合って喜びました(笑)。ただ『1点だと思っていたので、さすがに3点は驚いた』と言われました。28年前ジーコさんが歴史を作ってくれたことは、本当に有難いことです。今日は『和製ジーコ』ということで喜びたいと思います」

 リーグ4連勝と勢いに乗っていた横浜FMとの撃ち合いを制し、今度は鹿島が4連勝を達成。相馬直樹監督のもと、一つひとつのプレー精度を高め、力強さが増している。そんなチームの好調を物語る、ジーコの目の前で決めた、土居のハットトリックだった。

注目記事:日本代表MF鎌田大地が移籍の可能性を示唆。「興味持ってくれているチーム分かっている」

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads