×

【なでしこジャパン】浦和の塩越柚歩がデビュー2ゴール!東京五輪「金メダル」へ強化&サバイバル、ウクライナから8得点

塩越柚歩(右)が2ゴール!写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

アーセナル岩渕真奈も2得点!杉田妃和は左ボレー弾!!

[国際親善試合] 日本女子代表 8-0 ウクライナ女子代表/2021年6月10日/エディオンスタジアム広島

 東京オリンピックの女子サッカー初戦まであと41日と迫るなか、オリンピックなでしこジャパン(日本女子代表)が6月10日、国際親善試合でウクライナ女子代表に8-0の勝利を収めた。

 チームとしてコンビネーションの練度を高めるとともに、東京五輪本番の「18人」枠を目指すラストサバイバルの期間に。強化試合として組まれたこのウクライナ戦、なでしこは開始5分、日本女子代表デビューを果たした浦和レッズレディースの塩越柚歩のゴールで先制に成功! さらにアーセナルFCの岩渕真奈、セレッソ大阪堺レディースからワシントン・スピリットに移籍した宝田沙織も決める。すると前半終了間際の41分、塩越がこの日2点目をねじ込む。

 後半に入っても、選手交代をしながらなでしこのペースは衰えない。そして岩渕がこの日2点目を奪取。さらに80分にはINAC神戸レオネッサの杉田妃和が左ボレーを突き刺してみせた。

 さらに89分に田中美南がPK、90分には籾木結花が決めて、8-0で大勝を収めた。

 なでしこジャパンはこのあと13日、カンセキスタジアムとちぎでメキシコ女子代表と対戦する。

北村菜々美もアピール成功。写真:早草紀子/(C)Noroko HAYAKUSA
2ゴールの岩渕真奈。写真:早草紀子/(C)Noroko HAYAKUSA
浦和コンビ。スルーで先制点演出の菅澤優衣香が塩越柚歩と歓喜!写真:早草紀子/(C)Noroko HAYAKUSA

注目記事:ストイコビッチが「ファンタスティック」と警戒する日本代表の選手とは?セルビア代表と11日決戦!

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads