×

【スペイン戦スタメン予想】U-24代表、久保とククレジャが激突!?前田、町田、橋岡ら先発有力

スペイン戦でのU-24日本代表スタメン予想。(C)SAKANOWA

照準はあくまでも五輪本番。久保や堂安は切り札!? 「長い時間プレーさせたい」森保監督の意向を踏まえると――。

[キリンチャレンジカップ] U-24日本代表 – U-24スペイン代表/2021年7月17日19:20/ノエビアスタジアム神戸

 東京オリンピック本番を控えた最後の親善試合となるキリンチャレンジカップ、U-24日本代表対U-24スペイン代表戦が7月17日、兵庫県のノエビアスタジアム神戸で行われる。壮行試合の位置づけとなる一戦、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場している川崎フロンターレの三笘薫、旗手怜央も合流し、いよいよ22人全員が集結。欧州予選1位で突破している世界最高レベルのタレント輩出国との楽しみな一戦だ。果たしてどのようなメンバーで挑むのか!? 日本のスタメンを予想したい。

 スペインはヨーロッパ(欧州サッカー連盟/UEFA)予選を兼ねたU-21欧州選手権で優勝。東京五輪本大会も優勝候補に挙げられる。

 両チームはこの試合から「中4日」の22日、東京五輪のグループステージ初戦に臨む。日本は東京で南アフリカ代表、スペインは札幌でエジプトと対戦する。

 スペインは15日に来日したばかり。時差や環境などへの適応がこの試合の目的で、できるだけ多くの選手に出場機会を与える形になるだろう。

 対する日本は17日のU-24ホンジュラス戦で、レギュラー候補の選手が揃って先発している。森保一監督は欧州組には日本の環境に適応してもらうとともに、体力的に苦しくなった時間帯に高いプレー精度を要求。「長い時間プレーしてもらいたかった」と説明し、先発組の全選手が60分以上ピッチに立った。

 一方、Jリーグ、ACL出場組について指揮官は「疲労を取り除きながら、改めてコンディションを上げてもらいたい」と配慮していた。

 そういった考えから、スペイン戦では次のような布陣が考えられる。

 まず、ホンジュラス戦で途中出場だった欧州組の板倉滉、橋岡大樹の先発は確実か。さらに、Jリーグ組で5日から練習してきた町田浩樹、ACL帰国組の瀬古歩夢も有力視される。旗手怜央も直近の実戦が9日の大邱FC戦まで遡るため、一度、ピッチに立ちたい。

 読めないのが前線だ。

 そもそもの枚数が守備陣より少なく、加えて上田綺世がリハビリ中で、前田大然も復帰明けだ。本番中も課題になりそうだが、登録人数が18人だった時よりも選択肢は増えたものの、やややり繰りが難しい状況だ。

 ホンジュラス戦から中4日である。例えば、このチームでの起用が限られてきた久保建英の右MF、三好康児のトップ下など、所属クラブで活躍してきたポジションでプレーさせることはあり得る。となれば久保が昨季ヘタフェCFでチームメイトだったマルク・ククレジャと対峙することになる。

 あるいは森保監督があくまでも南アフリカ戦を見据えるのであれば、浦和レッズの武田英寿らトレーニングパートナーの選手を先発出場させる(この試合はメンバー入りできる)という思い切った手を打つことも!? あるいは久保らは先発しても30分など短時間での出場に止めるか。

 こうした欧州の強豪と対戦できる機会は滅多にない。それだけに必然と心も体もヒートアップするに違いない。

 とはいえ、あくまでもピークは南アフリカ戦(以降)に持ってこなければいけない。目的と狙いを見失うと本末転倒になってしまいかねない(日本は何度か失敗してきた)。

 また、スペインとはメダルをかけた8月3日の準決勝、あるいは7日の決勝で対戦する可能性もある。いろいろな面で、指揮官のチームマネージメントが問われる一戦になる。

 試合は7月17日19時20分キックオフ予定。試合の模様は日本テレビ系列にて、一部を除く全国にて生中継される。

注目記事:日本人選手の市場価格トップ20。3位久保建英、2位冨安健洋、1位は…。Jリーグ勢最高は21位

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads