×

日本、ビーチW杯準優勝!選手兼監督の茂怜羅オズは前回MVP「個人賞は嬉しくなかった。今回GK全員が試合に出て、みんな活躍してメダルを獲得できた。それが一番嬉しい」

オンラインによる取材に応じたビーチ日本代表の茂怜羅オズ選手兼監督。協力:日本サッカー協会

砂のサムライ、初の2位・銀メダルを獲得。

 ロシアで開催されたFIFA(国際サッカー連盟)主催のビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)で、ビーチサッカー日本代表が史上初の準優勝を果たした。ラモス瑠偉前監督からバトンを譲り受けたのが茂怜羅オズ。前回2019年大会で4位ながらMVPを受賞した男が2020年6月「選手兼監督」に就任し、この大会で一つ歴史を作った。

 決勝でホスト国のロシア代表に敗れたものの、初のファイナル進出、そして2位での銀メダル獲得――。35歳になったレジェンドのもと、日本の選手たちは技とスピード、さらにパワーもつけて新たな境地へと踏み出した。

 茂怜羅氏が8月30日、オンラインによる取材に応じて、「どのようにして挑むのか。みんなが理解し最後まで戦い、ずっとチームの成長も実感していました。それがとても嬉しいことでした」と喜んだ。

 ビーチサッカー界に茂怜羅あり、と言われるほど圧倒的な存在感を示してきた。しかし今回、35歳になったレジェンドは自身のパフォーマンスには決して満足しなかったという。

「個人的なプレーについては、正直これまでの大会の中で最も満足していません。しかし今までは、チームとしてメダルをもらうことはできませんでした。個人賞はもらったことがありますが、いつもW杯が終わったあと、それは嬉しくなかった。自分がいいプレーしてもメダルを獲れずにいましたから」

 そしてこの2021年、茂怜羅“選手兼監督”として、最高のチームを作り、最高の成績を残せたと胸を張った。

「個人ではなく、チームの結果が一番大事です。今回、(監督兼任なり)逆に自分のプレーのことより、まず周りの選手のことを考えてきて、みんながこんなに活躍している姿を見れて、すごく誇らしかったです。特にアラの選手(上里琢文・齋藤巧・坪谷亮太)がチームの心臓としてよく走ってくれて、キーパーも3人全員(宜野座寛也・城田 優 ・河合雄介)が試合に出てくれました。チームのみんなが活躍し、こうしてメダルを獲得できたことが一番嬉しいです」

 しかも、兼任監督の立場は「倍以上、3倍のプレッシャーがかかっていました」と明かした。ビーチ日本代表――砂のサムライが全力を尽くし、新たな高みへと到達した。

 W杯準優勝を果たしたビーチ日本代表のメンバーは次の通り。

◆スタッフ◆
監督:茂怜羅 オズ 
(東京ヴェルディBS)

コーチ:田畑 輝樹 
(ヴィアティン三重BS)

◆選手◆
GK
12 宜野座 寛也 
(ソーマプライア沖縄)

13 城田 優 
(レーヴェ横浜)

1 河合 雄介 
(東京ヴェルディBS)

FP
9 山内 悠誠
(東京ヴェルディBS)

10 茂怜羅 オズ
(東京ヴェルディBS)

11 奥山 正憲 
(レーヴェ横浜)

4 見山 龍之介
(東京ヴェルディBS)

5 原口 翔太郎 
(東京ヴェルディBS)

2 齋藤 巧 
(ソーマプライア沖縄)

8 松尾 那緒弥 
(アヴェルダージ熊本BS)

6 赤熊 卓弥 
(ラソアペーゴ北九州)

14 上里 琢文 
(東京ヴェルディBS)

7 大場 崇晃 
(レーヴェ横浜)

3 坪谷 亮太 
(ソーマプライア沖縄)

※選手変更
松田 康佑(レーヴェ横浜)はケガにより辞退

【注目記事】
・【血液型付き】日本代表の全選手PHOTOギャラリー。カタールW杯アジア最終予選メンバー24人

・日本人市場価格ランキング。4位南野拓実、3位久保建英…。浦和DF酒井宏樹がJリーグ最高。日本代表、W杯アジア最終予選スタート!

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×