×

【鹿島】ブエノが負傷で離脱、全治約6週間

鹿島のブエノ。 写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

トレーニング中、左股関節内転筋を損傷。

 J1リーグの鹿島アントラーズは9月19日、16日のトレーニング中に負傷したブラジル人DFブエノについて、左股関節内転筋損傷により全治約6週間と診断されたと発表した。

 アトレチコ・ミネイロから復帰したブエノは11日のアビスパ福岡戦(●0-3)で、今季リーグ初出場を果たしていた。2021シーズンはこれまでリーグ1試合・0得点。

 ブエノは1995年8月24日生まれ、ブラジル出身、26歳。182センチ・79キロ。これまでのキャリアは、ルイス・アントニオFC ― オレ・ブラジルFC ― ルイス・アントニオ ― ボタフォゴFC ― 千葉国際高校 ― 清水エスパルス ― ヴィッセル神戸 ― 鹿島 ― 徳島ヴォルティス ― 鹿島 ― アトレチコ・ミネイロ ― 鹿島。

 鹿島は前日18日、町田浩樹と関川郁万のセンターバックコンビで、ガンバ大阪に3-1の勝利を収めている。

【注目記事】
・「勝ち試合を絶対に見せたかった」鹿島の上田綺世が値千金ゴール!G大阪に3-1快勝

・「2番をつけろ」鹿島復帰の安西幸輝が内田篤人との会話を明かす。当初は遠慮したが…

・【血液型付き】日本代表の全選手PHOTOギャラリー。カタールW杯アジア最終予選メンバー24人

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×