×

【FC東京】3選手の負傷発表、バングーナガンデは全治約6か月

FC東京のバングーナガンデ佳史扶(右)。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

岡崎、鈴木はそれぞれ全治まで約6週間。

 J1リーグのFC東京は10月7日、岡崎慎、鈴木準弥、バングーナガンデ佳史扶と3選手の負傷の状況について発表した。バングーナガンデは右ヒザ外側半月板損傷で手術を受けていて、全治6か月の重傷。

 岡崎は9月26日に行われたHonda FCとの練習試合で負傷。チームドクターの診察を受けた結果、左足関節捻挫で全治約4週から6週と診断された。

 また、鈴木は9月28日のトレーニング中に負傷し、チームドクターの診察の結果、右ヒザ内側側副靭帯損傷で全治約6週と診断された。

 そしてバングーナガンデは9月1日のルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝の北海道コンサドーレ札幌との第1戦で受傷。右ヒザ外側半月板損傷により、10月1日に手術を受けた。全治は手術日より約6か月。

【注目記事】
「もし負けても日本はW杯に行けるか?」森保監督はサウジアラビアの記者の質問にどう答えた!? W杯最終予選、日本代表が敵地で今日対戦

冨安健洋のアーセナル、20歳CBの“復帰プラン”浮上

【PHOTO STORY】安藤梢、猶本光、菅澤優衣香、遠藤優…浦和が大宮とのWEリーグ「さいたまダービー」を制す(15枚)

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads

×