×

【U21日本代表】“怪物候補”中島大嘉は謙虚に「みんなに敬語から入りました」。札幌でブレイク遂げる19歳ストライカー

U-21日本代表の中島大嘉。協力:日本サッカー協会/(C)SAKANOWA

「誰が年上で同い年なのか分からなくて」

 U-21日本代表のトレーニングキャンプに臨んでいる北海道コンサドーレ札幌のFW中島大嘉が5月10日に取材に応じて、初めて招集されたこのチームで得た感触や感想、翌日の大学選抜との練習試合への意欲などを語った。

 大岩剛監督の就任後初めて、この2024年のパリ・オリンピックを目指すU-21日本代表の活動に参加した。札幌で今季これまでJ1リーグ8試合・2得点、ルヴァンカップ5試合・4得点という活躍が評価されてのメンバー入りだ。

 中島は「予習をしてから来ようとしていたのですが忘れて、誰が年上で同い年なのか分からなくて、最初、みんなに敬語から入りました。先輩の皆さんも話しかけて来てくれるので優しいです」と控え目に加わったという。2020年のU-18日本代表では松木玖生(FC東京)、櫻井辰徳(徳島ヴォルティス)と一緒だった。ただ今回は「いつも(画面越しに)見ている人たちばかりで『すごい……』って、そこは(仲間の輪が)できているので、ちょっと遠くから、あの人は年上だったのか、と見ていました」という。

「今、本当にちょっとずつ(輪を)広げています。ただサッカーをしていれば仲はよくなっていくので、今日の練習でも距離が縮まりました。明日の練習試合でもっと仲良くなれたらいいなと思っています」

 11日には大学選抜(一般非公開)とのトレーニングマッチが予定されている。

「(練習中はあまり手などで要求などしていなかったようだが?)相手にバレてしまうので、手などで出すのはあまりやっていないところは自然とあるかもしれません。日頃のチームであれば、見て感じてもらえます。ただ(代表では)当たり前ですがそうではないので、明日の練習試合では、もっと声を出して要求しなければ見てもらえないと思ったので、そこは改善してやっていきます」

 今Jリーグでも勢いに乗るプロ2年目、“フェノーメノ(怪物)候補”の楽しみな19歳のストライカーだ。3日の短期合宿最終日、その距離を縮めて、中島がゴールで結実できるか――。

【注目記事】
【日本代表 市場価格 TOP20】5位・久保建英、4位・遠藤航、上位3人は…

名古屋復帰も?日本代表DF吉田麻也、サンプドリアとの契約満了が確実に

日本代表MF守田英正、名門スポルティング移籍へ「5年契約」。移籍金約5億円で攻防ライン、サンタ・クララ“最終調整”

Ads

Ads