×

【FC東京】日本代表DF長友佑都とはまだ正式契約に至らず「もう少しお待ちいただきたい」

カタールW杯でプレスカンファレンスに臨んだ際の日本代表DF長友佑都。(Photo by Patrick Smith - FIFA/FIFA via Getty Images)

川岸社長が現状を説明「引き続き話し合いを進めていきたい」。

 J1リーグのFC東京が1月7日、2023シーズンの新体制発表会を行った。カタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだ日本代表DF長友佑都は、この日までに正式な契約延長に至らず。川岸滋也社長は次のように現状について報告した。

「今日この場には間に合いませんでした。引き続き話し合いを進めていきたいと思います。ワールドカップを経て、年末年始引っ張りだこだったこともあり、話し合いのスタートの時間が遅くなってしまったところもあり、ちょっと今日は間に合いませんでした。

 FC東京にとって重要な選手で大切な存在。必ず今シーズン、スタートする時には一緒に戦えると思っています。もう少しお待ちいただきたいと思います」

 そのように本人との話し合いなどがまだ実現できていないということだった。新体制発表会の司会を務めた、長友ともプレーしている石川直宏クラブコミュニケーターは「大丈夫。だってシャーレをまだ掲げていないですから。まだやり残していることはあるとは思います」と熱く語った。一方でワールドカップでベスト16進出を果たしたことを受けて「ただあの責任と重圧のなかでプレーし、いろいろ考える時間が必要だということです」とも理解を示し、そのうえで「必ずFC東京のために力になってくれると思いますし、彼なくしてシャーレは掲げられないと思っているので期待しています」と呼び掛けていた。

【FC東京と移籍の関連記事】
【FC東京】松木玖生は「7番」に!オカダカズチカから「ゴールのレインメーカーになって」。25周年の記念試合を計画、スローガンは「東京が熱狂」

【FC東京】新ユニフォーム披露、松木玖生が背番号変更を示唆「言わないでおきます」。7日の新体制発表会で発表へ

鹿島復帰も!?日本代表MF柴崎岳が今夏で契約満了、「延長オプションなし」

Ads

Ads