×

準優勝の東山、福重良一監督は涙声で…「3年生は入学式も修学旅行もできなかった。高校生活最後、胸を張ってやってくれた」│高校サッカー選手権

東山も一時同点に追いついたが――。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「逆に横のつながりが深まっていた世代でした」。初のファイナル進出、一時は同点に追い付き優勢に試合を進めたが――。

[全国高校選手権 決勝] 岡山学芸館 3-1 東山 /2023年1月9日14:05/国立競技場

 全国高校サッカー選手権・決勝、岡山学芸館(岡山)が3-1で東山(京都)に勝利を収め、岡山県勢初となる全国制覇を果たした。

 準優勝の東山・福重良一監督は試合後の記者会見で、コロナ禍の3年間を戦ってきた現在の3年生の健闘をたたえた。

「今年の高校3年生は、サッカーに限らないですが、コロナ禍で自由な高校生活を送ることができませんでした。入学式もできず、学校活動も制限があり、修学旅行も中止になりました。そして高校生活最後に、都道府県予選と全国大会を開催していただき感謝しています。

 東山は決勝に臨ませていただきましたが、負けたイコール自分たちの力が足りなかった、内容が良くなかったと受け止めています。それでも1試合ずつ成長してくれました。高校生活最後、胸を張ってやってくれたと思います」

 楽しみにしている日常さえ迎えられない――。そんな日々を過ごす選手たちに、できるだけピッチでは、サッカーに集中するように心掛けたという。

「高校生であり、気持ちやメンタルはとてもデリケート。普段の生活でつらい思いをしてきているだけに、スタッフは選手たちに、できるだけサッカーに集中させてあげようと心がけてきました。特に現在の3年生をはじめ、一人ひとりとコミュニケーションをとるようには心掛けていました」

 一方で、コロナ禍で協力してきたからこそ、こうして大舞台の決勝にも辿り着けたと言う。

 福重監督は「(コロナ禍により)逆に横のつながりが深まっていた世代でした。キャプテン中心にやってくれたことが強みになってくれたと思います」と、選手たちをたたえた。

【関連記事】
国立競技場の5万人を魅了、岡山学芸館3-1で東山に勝利、県勢初の全国制覇。木村匡吾2ゴール│高校サッカー選手権

『NEXT鎌田大地』東山の10番、C大阪入りMF阪田澪哉、初の国立でも動じなかった理由とは?

スケールの大きさ証明、ボルシアMG入り福田師王「まだ怖い選手ではない」。得点ランク1位タイだが、現実を受け止める│高校サッカー選手権準決勝、神村学園は岡山学芸館に敗れる

Posted by 塚越始

Ads

Ads