×

『NEXT鎌田大地』東山の10番、C大阪入りMF阪田澪哉、初の国立でも動じなかった理由とは?

自身の誇りは「107人のチームメイトがいること」。

[全国高校サッカー選手権 準決勝]  東山 1(4PK2)1 大津/2023年1月7日14:27/国立競技場

 初めて国立競技場のピッチに立った東山高校のイレブンからは、緊張や堅さが微塵も感じられなかった。序盤から思い切りの良さ、迷いのなさが伝わってきた。

 大先輩であるカタール・ワールドカップ(W杯)日本代表の鎌田大地もプレーした東山の「10番」MF阪田澪哉は、卒業後、セレッソ大阪への加入が内定している。アタッカーは2万人を超える観客の多さにはじめは驚いたそうだ。それでも「国立の舞台でいつもの自分たちを出すことがテーマでした。日頃やってきたことを恥じないようにプレーに集中しました」と、先制されたものの落ち着いたゲーム運びから追い付き、PK戦の末に決勝の切符を掴んだ。

 それができたのはなぜか? 阪田らが入学した3年前、選手たち自身で「日本一」という目標を掲げて、そこに向けて具体的に取り組んできたからだ。

 その一つとして、どんな状況でも、環境でも、雰囲気でも、変わらずに戦える平常心を心がけてきた。

 東山の福重良一監督は「日々の練習、トレーニングマッチから刷り込んできました。たとえ会場が埼スタであれ、どこであれ、この試合にかける気持ちは変わらなかったから、前半、良い立ち上がりができました」と頷く。

 そして阪田は「全力で試合をするイメージが常にあります。だから、この舞台でも堂々とプレーできました」と語った。PK戦でも、2番手のキッカーとなって冷静に決められたのは、3年間全員で培っきた平常心が生きたからだ。

 そして自身の誇りを問われた阪田は、「107人のチームメイトがいること」と胸を張った。

 目標達成まであと1勝。

「優勝します」阪田はニヤリと笑った。

【関連記事】
スケールの大きさ証明、ボルシアMG入り福田師王「まだ怖い選手ではない」。得点ランク1位タイだが、現実を受け止める│高校サッカー選手権準決勝、神村学園は岡山学芸館に敗れる

岡山学芸館、初の決勝進出!ボルシアMG入り福田師王がゴールも…神村学園PK戦で散る│高校サッカー選手権

松橋啓太、痺れる同点弾。GK佐藤瑞起「必ず日本一になります」。東山が大津とのPK戦を制して決勝進出│高校サッカー選手権

Posted by 佐藤亮太

Ads

Ads