×

上月壮一郎が希望の一撃、ブンデス初ゴール!しかしシャルケ、強豪ライプツィヒに1-6大敗

ライプツィヒ戦でブンデスリーガ初ゴールを決めたシャルケの上月壮一郎。(Photo by Lars Baron/Getty Images)

日本代表DF吉田麻也はボールへ行けず、ラインを下げてしまう。

[ブンデスリーガ 17節] シャルケ 1-6 ライプツィヒ/2023年1月24日18:30(日本時間25日2:30)/フェルティンス・アレーナ

 ウインターブレイク明けの2試合目、シャルケ04のFW上月壮一郎が強豪RBライプツィヒからドイツ・ブンデスリーガ1部での初ゴールを決めてみせた。しかし試合は1-6と大敗。シャルケは唯一の勝点ひと桁台で最下位に低迷。残留圏の15位VfLボーフムとは7ポイント差が開き、厳しい状況に置かれている。シャルケの日本代表DF吉田麻也もフル出場。

 シャルケはいい出足を切りチャンスも作ったが、7分、アンドレ・シウバに先制点を決められてしまう。そこからシャルケは間延びしてしまい、リベロ的にプレーする吉田はラインを下げて、ピンチでもなかなかボールへチェイスに行けず。最終ラインと中盤の間にも広大なスペースを与えて、前半だけで4点を与えてしまう。

 それでも56分、背後のスペースを突いた上月が一撃! 満員の熱狂的なサポーターから大きなオベーションを受けて、まさに希望の存在となった。

 そこから巻き返したかったシャルケだが、さらに2失点……。結局1-6の大敗を喫した。

 セカンドチームからトップ契約を勝ち取った上月は2試合目での初得点に。

 シャルケは2勝3分12敗の勝点9で最下位のまま。ライプツィヒは暫定2位に浮上している。今日(日本時間26日4:30)、前節2位に浮上したアイントラハト・フランクフルトがアウェーでSCフライブルクとアウェーで対戦。カタール・ワールドカップ(W杯)を沸かせた鎌田大地と堂安律が対決する。

【関連記事】
「手伝うが、甘やかさない」シャルケの後輩FW上月壮一郎へ日本代表DF吉田麻也がエール。長谷部誠、鎌田大地についても語る

“和製ロナウド”上月壮一郎がシャルケとプロ契約締結、25年6月まで複数年+延長オプション付き。日本代表DF吉田麻也とチームメイトに

シャルケ監督が吉田麻也に激怒「また人を見失った」。ドイツ代表フュルクルクに失点、ブレーメンに練習試合で敗れる。日本代表キャプテン負傷…

Ads

Ads