×

FW補強、浦和は戦略変更へ。ギアクマキスのアトランタ移籍、米国メディアも“当確”ランプ

スコティッシュカップ準決勝キルマーノック戦でゴールを決めたギアクマキス(右)。(Photo by Ian MacNicol/Getty Images)

移籍期間は、欧州主要リーグが1月31日で終了、Jリーグは3月31日まで――。

 J1リーグの浦和レッズが獲得を目指して「クラブ間合意」に至っていたスコットランド1部セルティックFCのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(Georgios Giakoumakis)だが、1月25日、MLS(メジャーリーグサッカー)のアトランタ・ユナイテッドFCに移籍する可能性が高まった。

 ギリシャメディア『SDNA』が同日、「ギアクマキスがアトランタと合意、あとはセルティックからのOK待ち」と報じた。さらに『90Min』アメリカ版も日本時間の26日、こうした情報とともに「両者が詳細を詰めていて、契約締結が間近に迫っていることを確認した」と“当確ランプ”をともした。インテル・マイアミに移籍する2018年得点王のホセフ・マルティネスの後釜として迎え入れるという。

 キャスパー・ユンカーが名古屋グランパスに移籍した浦和は2023シーズン、マチェイ・スコルジャ新監督のもと、プレスバックを含めた前線からの守備も怠らず、なおかつゴールも狙えるストライカーを欲してきた。

 そうしたなかロアッソ熊本から髙橋利樹を獲得することに成功。さらにハードワークを惜しまず得点も奪えるオランダ人FWブライアン・リンセンに加え、ギアクマキスのように高さやパワー、スピードを前線にもたらせるタレントを求めてきたことがうかがえる。

 ヨーロッパ主要リーグの冬の移籍期間は1月31日で終了する。そこで欧州各クラブが一旦戦力をフィックスするため、移籍を希望している選手を狙うチャンスはまだある。ただ、Jリーグは3月31日まで移籍マーケットが開いているだけに、東欧や北欧も視野に、その期間を活用する戦略に変更することになりそうだ。

【移籍の関連記事】
アル・アハリが名古屋マテウス獲得へ「交渉中」。中東の情報筋によると!?プレー集も紹介

【最新移籍リスト】柏、浦和、神戸などで活躍した橋本和、元大宮の渡部大輔ら新天地を求める

リスト掲載>>Jリーグ監督可能に。JFAのS級講習会、内田篤人と中村憲剛が“特例”初、元浦和の平川忠亮、元FC東京の佐藤由紀彦、元G大阪の大黒将志も

Ads

Ads