【選手採点│G大阪×名古屋】両攻撃陣が爆発力を示す。G・シャビエル、ジョー、和泉の3人に最高評価「5」

【マン・オブ・ザ・マッチ=MOM】ガブリエル・シャビエル(名古屋)

”自由な遠藤”が脅威を与える。 

[J1 1節] G大阪 2-3 名古屋/2018年2月24日/パナスタ

【MATCH REPORT両チームの攻撃陣がともに爆発力を示し、ファインゴールを立て続けに決めた。前半13分に倉田が左サイドを完全に崩し、マイナスのクロスを遠藤がダイレクトで針の穴を通すかのようなシュートを決める。その10分後、和泉が二人を引き寄せてパスを放ち、ジョーのシュート性の強いクロスをガブリエル・シャビエルが左足で正確に合わせ同点に。さらにガブリエル・シャビエルのFKからホーシャが来日初ゴールを決め、逆転に成功する。

 粘るG大阪も2種登録から大抜擢された中村のパスを受けたオ・ジェソクのクロスに長沢がヘッドで豪快に合わせ再び追いつく。しかし決着は84分――。速攻から八反田の折り返しをジョーが突き刺し、名古屋が3-2で制して勝点3を掴んだ。圧巻の活躍を見せたガブリエル・シャビエルをMOMに選出。

【選手採点】
□ガンバ大阪
先発
GK
1 東口順昭 2
DF
22 オ・ジェソク 2
5 三浦弦太 2
3 ファビオ 2
4 藤春廣輝 2
MF
34 福田湧矢 2(60分▼)
17 市丸瑞希 3
7 遠藤保仁  4(89分▼)
10 倉田 秋 4
11 ファン・ウィジョ 3(69分▼)
FW
20 長沢 駿 4

交代出場
MF
21 矢島慎也 3(60分△)
FW
38 中村敬斗4(69分△)
MF
39 泉澤 仁 ―(89分△)

SUB
GK
23 林 瑞輝
DF
14 米倉恒貴
DF
2 西野貴治
6 初瀬 亮

【採点理由】クルピ新監督のもと、攻撃面では選手個々が奔放さを見せ、あと一歩噛み合わない場面もあったとはいえ、何度もビッグチャンスを作り出した点を評価。遠藤の前線でのフリーマン起用は、相手が実に嫌がる策になりそうだ。また大抜擢された17歳の中村がゴールに絡む一仕事をしたが、今後も好調であれば若手や2種(G大阪ユース)にもチャンスはあるという指揮官からのメッセージになった。ただ守備陣は両CBが失点に関与するなど、ピリッとしなかった。

Ads

Ads