【選手採点│鹿島 0-1 広島】渾身PKストップ林に最高点「5」。鹿島は”悪くない”ものの安西が負傷離脱に

【マン・オブ・ザ・マッチ=MOM】林卓人(広島)

小笠原は健在をアピール。安西が試合のペースを作っていたが…。

[J1 3節] 鹿島 0-1 広島 /2018年3月10日/県立カシマサッカースタジアム

【MATCH REPORT広島が鹿島に1-0で勝ち、開幕3連勝を果たした。豊富な運動量と激しいマークで鹿島の攻撃を封じながらチャンスを待ったアウェーチームは、51分、相手のミスからボールを奪った和田がJ1初ゴールを決めて先制。その後も高い集中力を保って無失点で切り抜けた。一方、鹿島の攻撃をリードしたのは右SBの安西で、深い位置からパスとドリブルを駆使してリズムを作った。両サイドハーフの土居、中村もポジションチェンジを行い、攻撃にバリエーションを持たせたものの、金崎がPKを林にセーブされるなど、FWが沈黙し、これで1勝1分1敗に。

□鹿島アントラーズ
KASHIMA ANTLERS
【選手採点】
GK
1 クォン・スンテ 3
DF
32 安西幸輝 3(81分▼)
5 植田直通 3
3 昌子 源 3
16 山本脩斗 3
MF
40 小笠原満男 3
20 三竿健斗 3
13 中村充考 3(66分▼)
8 土居聖真  3
FW
7 ペドロ・ジュニオール 2(58分▼)
10 金崎夢生 2

交代出場
FW
9 鈴木優磨 3(58分△)
DF
24 伊東幸敏 3(66分△)
FW
14 金森健志 ―(81分△)

SUB
GK
21 曽ヶ端準
DF
39 犬飼智也
MF
4 レオ・シルバ
6 永木亮太 

【採点理由】安西のゲームメイクから試合のペースを作り、小笠原も健在をアピール。昌子、植田の代表CBコンビも安定感があった。チャンスはあっただけに先発した2トップに「2」としたが、他の全員に及第点の「3」をつけた。ただ前節の遠藤に続き、安西も負傷交代。大岩監督は長期離脱の可能性を示唆した。

川辺、稲垣…好調をキープし「4」の高評価。

□サンフレッチェ広島
SANFRECCE HIROSHIMA
【選手採点】
GK
1 林 卓人 5 MOM
DF
33 和田拓也 4
2 野上結貴 4
4 水本裕貴 4
19 佐々木翔 3
MF
36 川辺 駿 4(84分▼)
6 青山敏弘 4
15 稲垣 祥 4
18 柏 好文 3(69分▼)
FW
39 パトリック 4
31 ティーラシン 3(60分▼)

交代出場
MF
30 柴﨑晃誠 3(60分△)
DF
23 吉野恭平 3(69分△)
FW
20 渡 大生 ―(84分△)

SUB
GK
34 中林洋次
DF
28 丹羽大輝
MF
27 馬渡和彰
FW
工藤壮人

【採点理由】開幕から連勝を続けていることが自信につながっているのだろう。広島の選手は劣勢時でもフィジカル、メンタル面で鹿島に一歩も引かない力強さを見せた。MOMはGK林。出足の良い飛び出しでピンチを防ぎ、金崎のPKも止め、最高評価「5」をつけた。チャンスが少ない最前線で身体を張り、激しいマークを受けても感情をコントロールし、ひたむきにプレーしたパトリックも好印象を受けた。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視し、評価にも反映させていきます。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads