【選手採点&レポート│仙台 1-0 長崎】好調の要因は「連動した守備」。仙台の全員を及第点以上に

[マン・オブ・ザ・マッチ]関憲太郎(仙台)

[J1 5節] 仙台 1-0 長崎 /2018年3月31日/ユアテックスタジアム仙台

MATCH REPORT試合開始から激しい攻防が展開され、長崎は前線から積極的な守備で仙台の出足を止めてチャンスを作る。対する仙台もリーグ4試合で2失点の堅守を誇る自慢の守備で対抗。仙台は31分にゴール前のこぼれ球に西村が素早く反応し先制点を奪うと、GK関ら守備陣が活躍し1-0で勝利を収めた。仙台はリーグ5試合を終えて無敗の2位、対する長崎は未勝利のまま。

□ベガルタ仙台
【選手採点】
GK
21 関憲太郎 5 [MOM]
DF
13 平岡康裕 3
27 大岩一貴 3
39 金 正也 3
MF
7 奥埜博亮 3
16 野津田岳人 3
29 古林将太  4(90+1分▼)
2 永戸勝也  3
FW
20 阿部拓馬 3(66分▼)
30 西村拓真 3(84分▼)
11 石原直樹 3

交代出場
FW
19 ジャーメイン良 3(66分△)
MF
17 富田晋伍 ―(84分△)
MF
25 菅井直樹 ―(90+1分△)

 

【採点理由】チームに派手さはない。しかしGK関を中心とした鉄壁の守備陣をベースとした手堅いサッカーで会心の勝利を収めた。積極的なディフェンスで貢献していた阿部のプレーが象徴するように、選手の献身性が好調・仙台の原動力となっている。スピードを生かしたプレーで右サイドから攻撃を作った古林を「4」と評価。MOMにはファインセーブを連発した関を選出した。

□V・ファーレン長崎
【選手採点】
GK
30 徳重健太 3
DF
32 徳永悠平 3
39 チェ・キュベック 3 
4 高杉亮太 3
MF
3 飯尾竜太郎 3(79分▼)
26 碓井鉄平 3
17 中原彰吾 2(64分▼)
28 翁長 聖 3
19 澤田 崇 3
11 鈴木武蔵 4(58分▼)
FW
9 ファンマ 3
交代出場
MF
23 米田隼也 3(58分△)
MF
6 前田悠佑 3(64分△)
MF
3 名倉 巧 3(79分△)

【採点理由】ゲームプラン通りに試合を進め、前線からの守備を怠らず、ボランチの中原がゲームを組み立て、試合の主導権を握る時間も長かった。ファンマは前線でのボールキープだけでなく、積極的にディフェンスに加わりチームを支えていた。出場選手のなかで唯一の評価「4」は鈴木。前線で幅広く動き、ドリブル突破からチャンスを作ったことを評価した。しかしJ1初勝利は持ち越された。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads