【コロンビア戦│採点・寸評】大迫、香川、昌子に「5」の最高評価。最終ライン「4」以上!

[MAN OF THE MATCH]大迫勇也(日本)

原口も 「4」の高評価、泥臭いプレーで貢献した。

[ロシアW杯 グループH 第1戦] 日本 2-1 コロンビア/2018年6月19日/サランスク(モルドヴ)

【選手採点│寸評】
※5段階評価。5が最高で、1が最低。採点対象は原則、出場20分以上。

※採点の見方
ポジション 
背番号 選手名 採点

GK
1 川島永嗣 3
ハメス・ロドリゲス投入などあらゆる変化にも泰然自若に対応し、勝利をもたらす。ただ意表を突かれたとはいえ壁の下を抜く直接FKに反応しながら及ばず失点。長友らとの連係でヒヤっとし、フィードなども安定感を欠いた。

DF
19 酒井宏樹 4
西野監督から「コロンビア戦で起用する」と告げられ、照準を絞って調整してきた。勝利を決定づけるフリーのシュートを外してしまったものの、サイドアタックを武器とする相手を力と運動量でねじ伏せた。

22 吉田麻也 4
ファルカオのクオリティの高い動き出しに立ち上がりは苦労したが、すぐに昌子と話し合って改善。ライン設定も1-1にされてから高めに修正し、決勝点を間接的にもたらした。セットプレーでも高さが効いていた。

3 昌子 源 5
リベロ的な役割を担い、DF陣のフォローを怠らず、状況に応じてインターセプトからコロンビアの起点の芽を潰した。早々の相手の退場劇により、1枚余る状況を普段よりも作れたのは事実。そのアドバンテージをしっかり生かしたマネジメント力も光った。

5 長友佑都 4
チーム1位の走行距離を記録するなど左サイドを疾走。キーマンであるクアドラードに自由を与えず、前へ走り切ることで相手の体力も奪った。クリアミスが失点の直接FKにつながり、攻撃面での関与がやや物足りなかったが、改めて不可欠な存在であることを実証した。

MF
7 柴崎 岳 4(80分▼)
正確なパスを散らして相手の体力を奪い、するするっとフリーランで駆け上がって相手の嫌がる位置で起点となった。足を傷めて80分に交代したあと、チームが落ち着くまでやや時間を要した。ケガの状態が気になる。

 17 長谷部誠 3
失点につながったファウルは、むしろ相手の反則だったのではないかとも言えた。それでも、どうすれば防げたのかは精査し、選手間で共有したい。最終ラインの前のスペースを埋めて、セカンドボールにも必ず対応。黒子と言える役割をこなした。

8 原口元気 4
攻撃的なSBモヒカに対応するため、時に最終ラインまで下がるなど守備に軸足を置きながら、何度か攻撃に顔を出した。突破からの崩しは限られたが、コロンビアにリズムを作らせない、泥臭いプレーで貢献した。

10 香川真司 5(70分▼)
大迫のシュートのこぼれ球を蹴り込みPKを獲得。GKのタイミングを外すキックで、日本に流れをもたらす先制点を奪った。相手チームに相当に警戒されていたが、逆にマークを引き付けてスペースを作り出すなど利用。決定機には必ずと言っていいほど絡んでいた。運動量が急激に落ちたあたり、まだ本調子ではないことが感じられるが、PKとはいえ”1点以上”の価値があったゴールを評価したい。

14 乾 貴士 3 
得意のカットインはコロンビアの力強いディフェンスに弾き返され、シュート精度も欠いた。どちらかというと評価「2」に近い出来。ただ「切り替えて、守備で貢献しようとした」と本人が言う通り、対峙する選手に仕事をさせないという勝利のためのプレーに徹し、及第点に。

FW
15 大迫勇也 5
(86分▼)[MOM=マン・オブ・ザ・マッチ]
背後への抜け出しから先制のPKにつながるシュートを放つ。そして76分、本田のCKにヘッドで合わせて決勝点! 加えて一人でCB二人をマークにつかせてスペースを生み出し、それでいて確実にボールを収めるなど八面六臂の活躍ぶりだった。文句なしのこの日の最優秀選手=マンオブザマッチ。

▼交代出場
4 本田圭佑 3(70分△)
CKから1アシストと結果を残した。それでも痛恨のバックパスのミスなど、一瞬で流れが悪くなりかねないプレーも目に付いた。もっと運動量を増やしたい。

 16 山口 蛍 ―(80分△)
柴崎が足を傷めるとすぐにピッチへ。相手が10人とはいえ、難しい時間からの投入だったが、リスクを度外視でゴール前へ飛び込んでくる相手に体を張って対応。フリーでプレーできる余地を与えなかった。

9 岡崎慎司 ―(86分△)
ケガで出場も危ぶまれたが、最後のカードで投入。ロングボールによるパワープレーを狙ってくる相手GKとDF陣への強烈なプレッシングで自由を与えなかった。岡崎投入でチーム全体が落ち着き、しっかり試合が締まった。勝点3獲得のミッションを遂行。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads