中澤佑二が引退する川口能活との”初代散歩隊”エピソードを披露

横浜F・マリノスの中澤佑二。(C)SAKANOWA

今日、SC相模原で引退試合。「天然発言と行動をしていた。そんな能活さんが大好きです」

[J3 34節] 相模原 – 鹿児島/2018年12月2日13:00/相模原ギオンスタジアム

 SC相模原はSNSのツイッター(@sc_sagamihara)で今日12月2日に引退試合を迎えるGK川口能活への、さまざまな選手や関係者からのメッセージ動画を紹介してきた。

 このなかで川口とともに長年にわたって日本代表の壁を築いてきたDF中澤佑二(横浜F・マリノス)も登場。中澤、川口、GK楢崎正剛(名古屋グランパス)の3人による”初代散歩隊”のエピソードも披露している。

「能活さんには日本代表のほうで、本当にたくさんのことを学ばせてもらいました。後ろからいただいた、たくさんのアドバイスが、こうして長い間、現役を続けていることができる要因になっています。本当に有難うございました」

 そのように中澤は感謝したうえで、散歩隊について触れた。

「そして代表でよく僕と能活さんと楢さん(楢崎)で散歩隊として外出した際、能活さんがいろいろとね、天然発言をしていて、天然な行動もとっていただいて、本当に和ませていただいたなと思っています。僕はそんな能活さんが大好きです」

 そして、中澤は川口のこれからの活躍にも期待した。

「これからもおそらくサッカーに関わっていくと思いますので、素晴らしい能活さんのようなGKを育てていってください。本当に長い間お疲れ様でした」

 それぞれが慕い合いながら、支え合ってきた。そんな関係性が感じ取れるメッセージだ。

 11位の相模原は12月2日13時からホームの相模原ギオンスタジアムで、前節J2昇格を決めている2位の鹿児島ユナイテッドと対戦する。この2018シーズン最後の試合が、川口の引退試合になる。スタジアムではさまざまな引退記念グッズが販売されるほか、クラブ史上初の「相模福祉村presentsコレオグラフィ」も計画されている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads