【天皇杯】宇賀神キャノン炸裂!! 浦和が12年ぶり優勝へ先制

天皇杯決勝、宇賀神友弥のキャノン砲が火を噴いた!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ドライブ回転のスーパーボレーを叩き込む。

[天皇杯 決勝] 浦和 – 仙台/2018年12月9日/埼玉スタジアム2〇〇2

 天皇杯決勝は、浦和レッズが宇賀神友弥のキャノンショットで先制に成功した。立ち上がりはベガルタ仙台が主導権を握ったものの、徐々に浦和が挽回。1-0のまま後半戦に突入している。

 序盤は仙台がボールを支配して敵陣で試合を進める。しかし浦和が掴んだファーストチャンスだった。

 13分の右コーナーキック。柏木陽介はショートコーナーを選択し、手前にいた長澤和輝にパス。長澤のクロスはクリアされたが、そのこぼれ球を狙っていましたとばかりに、約20メートルの位置で宇賀神がダイレクトで合わせハーフボレーを放つ。すると、ボールは鋭くドライブ回転しながら仙台ゴールに突き刺さり、浦和が先制に成功した。

 その後は浦和が余裕を持ったプレーを展開。そのペースに仙台は合わせる形で攻めあぐねている。

 試合は1-0と浦和のリードで折り返した。ハーフタイム、浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督は「注意しなければならない点は、守備の際のスペースの埋め方。攻撃しているときの相手FWの動き、セカンドボールに対しても意識を高めよう。相手にチャンスを与えるな」と指示を送った。

 一方、仙台の渡邉晋監督は「積極的にボールを受けよう。引き続きタイトに相手に寄せよう。味方がボールを持ったら大きくアクションを起こそう」とゲキを飛ばしている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads