玉田との2トップも!FW長谷川悠が清水から長崎に加入決定

長谷川悠が長崎に加入!(写真は円陣を組む長崎イレブン)写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

「J1復帰をみんなで目指しましょう」

 清水エスパルスのFW長谷川悠が1月7日、V・ファーレン長崎に完全移籍で加入することが決まった。両クラブから発表された。

 長谷川は1987年7月5日生まれ、31歳。187センチ78キロ。山梨県出身。

 これまでの経歴は、流通経済大付属柏高―柏レイソル―FC岐阜―柏レイソル―アビスパ福岡―モンテディオ山形―大宮アルディージャ―徳島ヴォルティス―清水エスパルス。2018シーズンはJ1リーグ 9試合 0得点。ルヴァンカップ4試合2得点、天皇杯1試合0得点。

 通算成績は、J1リーグ178試合26得点、J2リーグ100試合17得点。リーグカップ35試合4得点、天皇杯28試合13得点。

 長谷川は次のようにコメントしている。

「はじめまして。長谷川悠です! 新たな挑戦の場をいただき感謝しています。自分らしく生き生きと、このチームでプレーできるようにトライしていきます。そして、J1復帰をみんなで目指しましょう! よろしくお願いします!」

 長崎は2019シーズン、J2からルヴァンカップにも参戦し連戦もあるだけに、長谷川には必ずや出場のチャンスが訪れるはずだ。技巧派の玉田圭司との2トップも実現するか。その高さと強さは、相手チームに十分脅威を与えるに違いない。

 長谷川が長崎で復活を遂げ、チームをJ1へと導く――。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads