【浦和】興梠慎三が杉本健勇との2トップに感じた課題と可能性

浦和の興梠慎三。(C)SAKANOWA

「高さが武器。時間と試合数を重ねるごとに良くなる」と前を向く。

[Jリーグ スーパーカップ] 川崎 1-0 浦和/2019年2月16日/埼玉スタジアム2〇〇2

 Jリーグ開幕を告げる「FUJI XEROX SUPER CUP」はJリーグ王者の川崎フロンターレがレアンドロ・ダミアンのゴールを守り切り、1-0で天皇杯覇者の浦和レッズを下して、初優勝を果たした。

 浦和の興梠慎三は3-4-1-2の2トップで先発フル出場。新加入の杉本健勇と前線でコンビを組んだものの、二人ともシュートを放てず。このプレシーズンはチームとして2度のキャンプを通じて基礎体力作りに重点を置き、実戦は2試合目。そういった背景もあったが、シュート数12本対1本と、攻撃の形をほとんど作れなかった。

「守備に追われる時間が長かったので、完成度の違いが出たかなと感じました。強かったですね」

 試合後、興梠はまずそのように完敗を認めた。そのうえで今回サポーターに初めてお披露目された杉本との2トップについて、次のように振り返った。

「(杉本は)高さが武器になるので、時間と試合数を重ねるごとに良くなると思います。もう少し前でキープして、後ろの押し上げを待てたら良かったけれど、収められなかった。反省点はいっぱいありますが、でも、これからなので、次の仙台戦に合わせて頑張っていきたいです」

 同じく新加入で先発したエヴェルトンについても、「足元の技術が高いので、あそこのポジション(ボランチ)が本職かは分かりませんが、前のポジションでもできると思うので、いろんなバリエーションで使える選手。今日も悪くなかったし、楽しみです」と語った。

 J1リーグ7年連続ふた桁ゴールを決めているストライカーは、あくまでもここからが大切だと強調した。

「(ボールを)持たれる時間が非常に長く、そこで体力を使ってしまい、前へなかなか行けなかったのもあります。キャンプで(練習試合を)1試合しかしていなかったので、試合勘がまだ足りていなかったことも感じました。でも、これで試合勘もみんな少し取り戻せたと思うし、重要なのはこれからです」

 浦和で7シーズン目を迎える32歳のエースは、もちろん満足はしていない。ただ、しっかり前を向くことが大切だと強調した。

「下を向くことはないし、良かった点、悪かった点があり、大事なのはこれからです。この悔しさを次にぶつけたいと思います」

 浦和は2月23日、アウェーでベガルタ仙台とJ1リーグ開幕戦を迎える。その後、3月2日のリーグ2節はホーム初戦の北海道コンサドーレ札幌戦。さらに6日にACL(アジアチャンピオンズリーグ)1節のブリーラム・ユナイテッド(タイ)戦を同じくホームで行う。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads