浦和90+4分に同点!殊勲の森脇良太「ボールをくれと心の中で5回は叫んだ」

浦和レッズの森脇良太。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

起死回生の一撃、「8割は山中選手のゴール」と感謝。

[J1 5節] 浦和 1-1 FC東京/2019年3月30日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズの4-4-2の右サイドバックに起用された森脇良太が試合終了間際の90+4分、ラストプレーで渾身の同点ゴールを叩き込んだ。まさに起死回生の一撃――貴重な勝点1をチームにもたらした。

 オズワルド・オリヴェイラ監督のもと、初めて採用された4バックの先発に抜擢された。東慶悟に対応し、永井謙佑の飛び出しにも目を光らせつつ、サイドで起点になる役割を果たした。

 そして1点を追うアディショナルタイムだった。途中出場から多くのチャンスを作り出していた山中が左サイドの敵陣の深い好位置でボールを収める。得点を欲してゴール前へ進入していた森脇の目の前にエアポケットのようにスペースができた。

「僕は山中選手にボールが渡った時、信じて空いたスペースへ飛び込びました。山中選手が本当にいいところを見て、ぽかっと空いたスペースに出してくれました。8割は山中選手の得点といえるぐらい素晴らしいクロスボールでした」

 山中とは目が合ったと思う、という。

「目が合ったつもりです。そこから『ボールをくれ!』と、あの短い時間、心の中で5回は叫びました。そこへ本当に素晴らしいボールが来たので、あとはしっかりふかさないように当てて、枠内に蹴ることだけを心掛けました」

 森脇の左足から放たれたシュートは、ゴールの逆サイドの隅をつき、ネットを揺らした。FC東京が目の前にしていた2003年以来という埼スタでの浦和戦勝利を打ち砕き、チームに貴重な勝点1をもたらした。

 また、初の4バックは課題が出たなかでも、今後に向けて収穫を得られたという。

「サイドで数的優位を作り、何度か崩そうとするところまでは行けたけれど、やはりそこからアタッキングサードに入っていくクオリティを上げないといけない。まあまあの出来でしたけれど、チームとして上げていくところはたくさんあると感じました。ただ、今年初めての4バックとしては、狙いは出せたかなと思います」

 プロ2年目の橋岡大樹とポジションを争うような形になっている。そのなかで目に見える結果も残した。レギュラー争いは一歩リードした形だ。

「手応えは半々。いいところも、改善しないといけない部分もありました。ボールを支配していても、もっと良くしないといけない。チームの共通意識を植え付けていきたい。間違いなくこのシステムで良くなっていけると感じたので、これから詰めていきます」

 それにしても、チームが苦しい時、ゴールを決めてくれる。森脇はそう言って、前を向いた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads