磐田が今季初白星!OGとロドリゲス弾で湘南に競り勝つ

競り合う磐田の大久保(右)と湘南の鈴木(左)。(C)SAKANOWA

大久保嘉人と新人の鈴木冬一が激しいバトルを展開。

[J1 6節] 湘南 0-2 磐田/2019年4月6日/Shonan BMWスタジアム平塚

 ジュビロ磐田が松本昌也のシュートがDFに当たって決まったオウンゴールによる1点と試合終了間際のロドリゲス弾で、2-0の勝利を収めた。磐田は今季初勝利。一方、上位進出を目指した湘南は3連勝ならず。

 立ち上がりは磐田が前線に配置したアダイウトンにボールを集め、彼の強烈な突破と効果的な周囲のサポートでゴールに迫った。しかし、決定的なチャンスはなかなか作れず、次第に湘南の守備陣にしっかり対応されていく。

 一方、ホームチームは序盤の磐田の攻勢を凌ぐと、徐々にリズムを掴む。新人の鈴木冬一が大久保嘉人とのマッチアップでも一切気後れせず立ち向かっていく。ただ、湘南もゴール前での精度を欠いてゴールを割れずにいる。

 試合はスコアレスのまま後半に突入。両者ともに攻撃的なカードを切るなか迎えた72分、右サイドを切れ込んだ途中出場の松本昌也のシュートが相手DFに当たり、それがGK秋元陽太の股間を抜けてゴールネットを揺らした。

 さらに試合終了間際、湘南はFKで秋元陽太が攻撃参加。しかし磐田のカミンスキーがボールをキャッチし、カウンターからロドリゲスが無人のゴールにシュートを流し込み、試合を決定づける2点目を奪った。

 磐田は1勝3分2敗と、ついに今季初白星。一方、湘南は3勝3敗の勝率五分に。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads