久保建英、安部裕葵、大迫敬介、橋岡大樹が選外。U-20W杯メンバー決定

U-19日本代表での久保建英(9番)。今回U-20代表から外れた。(C)AFC

U-20日本代表の21人、齊藤未月が10番。コパ重視で、出場機会少ない選手が主体に。

 ポーランドU-20ワールドカップ(W杯、5月23日開幕)に臨むU-20日本代表のメンバー21人が発表された。コパ・アメリカ(南米選手権)での日本代表選出が予想されるFC東京の久保建英、サンフレッチェ広島の大迫敬介、鹿島アントラーズの安部裕葵、また、浦和レッズの橋岡大樹(現在ケガで離脱中)は選外となった。

 このチームのキャプテンを務める齊藤未月、アビスパ福岡で主力の座を掴んだ三國ケネディエブス、横浜FCで売り出し中の斉藤光毅らが中心選手として期待される。

 しかし、Jリーグで出場機会を得られずにいる選手がほとんど。湘南が唯一、齊藤と鈴木冬一の主力二人を派遣している。

 20歳以下の世界一を決めるこの大会で上位に進出し、東京五輪に向けて弾みをつけたいところである。しかし、日本サッカー協会がコパ・アメリカを重視したためとはいえ、むしろ昨年臨んだU-19アジア選手権よりもメンバ―の質が落ちるという現象が起きてしまった。

U-20日本代表のメンバーは次の通り。

GK
12 茂木 秀(大阪)
1 若原智哉(京都)
21 鈴木彩艶(浦和ユース)
DF
15 鈴木冬一(湘南)
4 瀬古歩夢(C大阪)
17 三國ケネディエブス(福岡)
5 菅原由勢(名古屋)
19 喜田 陽(福岡)
3 小林友希(神戸)
2 東 俊希(広島)
MF
10 齊藤未月(湘南)
7 伊藤洋輝(名古屋)
6 郷家友太(神戸)
8 藤本寛也(東京V)
16 山田康太(横浜FM)
18  滝 裕太(清水)
9 斉藤光毅(横浜FC)
FW
11 田川亨介(FC東京)
13 宮代大聖(川崎)
20 中村敬斗(G大阪)
14 西川 潤(桐光学園)

▽監督
影山雅永

Ads

Ads