誤審に揺れる中、浦和の山田直輝が今季初出場「湘南のメンタリティが上だった」

昨季まで在籍した湘南との一戦で、今季初出場を果たした山田直輝。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

1点リードのなか交代出場。守備で貢献しようと思ったが……。

[J1 12節] 浦和 2-3 湘南/2019年5月17日/埼玉スタジアム2〇〇2

 杉岡大暉のゴールを審判団が見逃すという「世紀の大誤審」で揺れるなか、浦和レッズのMF山田直輝がその湘南ベルマーレ戦の76分から途中出場し、昨季負った右腓骨骨折のケガなどから復活、今季初めて公式戦のピッチに立った。

 マルティノスとの交代出場で、2年前まで在籍した湘南相手にプレッシングと球際への強いインパクト、それにスペースに顔を出しながらボールを収める役割が期待された。しかし相手の勢いに圧されて、そこから2失点……。パスを引き出す動きは俊敏性があり、献身性も発揮していたが、勝利に導く活躍を見せられなかった。

「(浦和が)疲れて出足が少し遅くなってきていたので、自分のところで足を使い、守備をしてあげなければいけないと思って入りました。けれども思っているように前から行けなくて……。行くと簡単にはがされてしまうと感じました」

 そのようにチーム全体のバランスが微妙にズレてきていた。そこを修正できなかった投入から3分後、同点ゴールを決められた。

「ちょっと落ち気味で守備をするようにしました。ただ落ちすぎず、もう少し(ゴール前の位置で)しっかりブロックを作れるようにしていれば、また違った展開になっていたのかなとは思いました」

 前から行くのか、しっかり後ろを固めるのかーー。誤審に注目を集める内容であったのはもちろんなのだが、一方で、改めて浦和の守備の問題――前から行くのか、後ろを固めるのか。加えて途中から意識にバラつく――が頭をもたげた。

「(誤審は)あそこで1点取られていたら、どうなっていたかは分かりません。ただ、そこからのリバウンド精神で来られてしまった。向こうのメンタリティが上だったと思います。(誤審のゴールは)ただ単にラッキーだったというところで見直して、もう一度引き締めることができなかったところはありました」

 何とも言えない特別な空気に包まれるなか、今季初出場を果たした。しかも唯一、彼が移籍を経験している湘南相手に。なぜ、彼らと曺貴裁監督の前で、自分らしいプレーが出せなかったのか。山田は自問自答を繰り返していた。

「(難しい試合だったと思うが?)でも勝った時間帯にチャンスをもらい入ったので、どうにかしたかったです。難しい部分はあったけれど、どうにか勝つことはできたのかなと思います。また試合を見直して、次に自分が良くなるために、チームが良くなるために、明日からまたやります」

  ここからACLの北京国安とJリーグのサンフレッチェ広島との連戦が続くので、チャンスが訪れる可能性はある。いずれも力のあるチーム。山田直輝にとって、さっそく重要な勝負どころを迎える。

 ”浦和のハート”山田直輝が鼓動する時を迎えた!

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads