千葉ピンチ! 背番号10の町田也真人が左肩間接脱臼で全治3か月

千葉の町田也真人 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

14節の新潟戦で傷め、22日に手術を受ける。

 ジェフユナイテッド市原・千葉はMF町田也真人が5月12日に行われたJ2・14節のアルビレックス新潟戦(●1-2)で左肩関節脱臼を負い、22日に手術を行なったことを発表した。全治まで約3か月の見込み。

 背番号10をつけて2年目を迎える町田は、今季攻撃の要として、これまで11試合1ゴールを記録。2試合ぶりのスタメン復帰を果たした新潟戦の開始早々に負傷し、7分に途中交代を余儀なくされた。その後の15節・横浜FC戦(△3-3)も欠場していた。

 町田は1989年12月19日生まれの28歳。埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身、166センチ54キロ。FC浦和、白幡中学校、埼玉栄高校、専修大学を経て、2012年に千葉へ加入。今年で通算7年目になる。

 また、千葉は15節を終えた段階で、5勝3分7敗(24得点28失点)でJ2の18位に低迷している。チームの象徴的存在とも言える町田不在のなか、どのように立て直すのか。千葉にとって、ここが正念場となりそうだ。

文:サカノワ編集グループ 

 

Ads

Ads