×

【千葉】地元出身GK佐藤優也が今季限りで退団「僕には綺麗なお花を咲かせたまま引退なんてできません。雑草は雑草らしくボロボロになるまでサッカーを楽しみます」

ジェフ千葉の佐藤優也。(C)JEF UNITED CHIBA

千葉ではこれまでJ2通算111試合出場。

 J2リーグのジェフユナイテッド市原・千葉は12月3日、GK佐藤優也(Yuya Sato)が2020シーズンをもって契約満了で退団すると発表した。

 佐藤は1986年2月10日生まれ、千葉県市川市出身、34歳。186センチ・90キロ。これまでのキャリアは、市立船橋高校 ― ヴァンフォーレ甲府 ― コンサドーレ札幌 ― ギラヴァンツ北九州 ― 東京ヴェルディ ― 千葉。

 これまでの出場歴は、Jリーグ通算342試合出場。千葉での通算はJ2リーグ111試合出場。

 地元出身の選手として多くのファンから背中に声援を受けてきた佐藤は、次のように感謝を伝えるとともに、現役続行を宣言している。

 「まず、僕を育ててくれた千葉県にあるジェフユナイテッド市原・千葉で5年間もプレーする機会を与えていただいたことを本当に幸せに思います。ありがとうございました。今年は新型コロナウイルスによる影響で大変な状況のなか、ジェフを支えてくださいました、ファン、サポーター、そしてクラブに関わるすべての方たちと共に目標に向かって戦えたことは本当に幸せでした。しかし、J1昇格を達成する力になれず、申し訳ありません。

 どんな時も、チームのために何ができるのだろうか、その状況、立ち位置を常に自分と向き合って考えてきました。このようにサッカーに対して真摯に向き合ってこられたのは、僕を育ててくれた方々、愛する街、愛する人々がいたからです。一生涯忘れることのない、たくさんの経験、思い出を皆さんにプレゼントしていただきました。

 心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 僕には綺麗なお花を咲かせたまま引退なんてできません。雑草は雑草らしくボロボロになるまでサッカーを楽しみます! また皆さんとお会いできることを楽しみにしています」

注目記事:【千葉】鈴木健仁氏がゼネラルマネージャー就任「皆様に愛されるクラブに」

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads