【ロシアW杯】豪州代表のJリーグ勢、ナバウトがフランス戦先発、デゲネクはベンチ

オーストラリア代表としてW杯に臨む浦和レッズのFWナバウト (C)SAKANOWA

走行距離7.55キロは交代するまでのチーム内3位。シュートは打てず。

[ロシアW杯] フランス 2-1 オーストラリア/2018年6月16日/カザン

 FIFAワールドカップ・ロシア大会のオーストラリア代表に選ばれた浦和レッズのFWアンドリュー・ナバウトがグループリーグ初戦のフランス戦で先発し、64分までプレーした。同じくオーストラリア代表に選ばれる横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクはベンチだった。試合は1-2で敗れ、勝点獲得はならなかった。

 4-4-1-1のセンターフォワードで先発したナバウトは、フランスのセンターバックに対するプレッシングを怠らず、献身的に背後やサイドのスペースを突いて起点になろうとした。62分にミレ・ジェディナクがPKを決めて1-1と追いついたあと、トミ・ユリッチと交代した。走行距離7.55キロは交代するまでのチーム内3位。パス数2本で成功率100パーセント。トップスピードは16.78キロ。シュート数はゼロだった。

 しかし、オーストラリアはVARによる判定で81分にオウンゴールで決勝点を献上。初戦は1-2で敗れ、イランに続くアジア勢の勝点獲得はならなかった。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads