【鹿島】元セレソンFWレアンドロは7月11日に再合流

鹿島アントラーズのレアンドロ  (C)SAKANOWA

両側膝蓋靱帯損傷の手術を受けるためブラジルへ一時帰国中。

 鹿島アントラーズは6月29日、両側膝蓋靱帯損傷の手術のため4月23日からブラジルへ一時帰国していたレアンドロが7月10日に再来日すると発表した。 11日から練習に合流予定だ。

 元ブラジル代表ストライカーは昨季23試合11ゴールを記録。今季は飛躍が期待されたが、開幕後に離脱。リーグ3試合0得点、ACL1試合1得点に止まっていた。

 リーグ再開後に再び連戦が控えているだけに、鹿島にとっては大きな戦力の復帰になる。Jリーグ勢唯一勝ち残っているACLでも爆発が待ち望まれる。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads