【横浜FM】次戦抱負を問われたH・ヴィエイラが鳴らした警鐘「そのうち最終戦になってしまう」

横浜F・マリノスのウーゴ・ヴィエイラ。(C)SAKANOWA

リーグ2試合連続の大敗。悔しさよりも危機感を募らせる。

[J1 19節] 横浜FM 1-4 広島/2018年8月1日/ニッパツ三ツ沢球技場

 サンフレッチェ広島戦にフル出場した横浜F・マリノスのFWウーゴ・ヴィエイラは、シュートわずか1本しか放てず痛恨の一敗を喫した。しかもこの日は彼になかなかボールが収まらず、チームとしてのさまざまな課題を突き付けられた。

「(2、3失点目を喫していった)後半の入りは、僕を含めて、ちょっと集中力を欠いていた。そこで失点して、試合の流れが悪くなってしまった。もっと力を発揮しなければいけない時を迎えている。でなければ、好転していかない」

 ロシア・ワールドカップの中断を挟んだリーグ再開後、この日、初めてスタメンに名を連ねた。前節のFC東京戦(●2-5)では途中出場から1ゴールを決めていたものの、2試合連続の大量失点での連敗……。チーム最多の8点を奪っているストライカーは、悔しさというよりも危機感を募らせていた。

 次節はアウェーで川崎フロンターレとのダービーを迎える。しかし抱負を問われたウーゴ・ヴィエイラは次のように言った。

「連戦が続くけれども、『次の試合に切り替えて』と繰り返し言っているうちに、最終戦になってしまうよ。何かを変えなければいけない時に来ている。このF・マリノスのユニフォームを着ている重みを、もっと一人ひとりが自覚しなければいけない」

 ポルトガル出身のFWそのように警鐘を鳴らした。スタイルの熟成、個々の成績……それはもちろん大切だが、まず目の前の試合(勝負)に勝つことから前提に取り組めているか。結果論と言えるが、19節の一戦も、勝利への執着は、やはり広島が上回っていたと言わざるを得なかった。勝点20の13位。勝点は14位のV・ファーレン長崎、15位の柏レイソルと並び、J1・J2昇降格プレーオフ圏の16位G大阪とは勝点3差だ。横浜F・マリノスとして、今、何ができるのか。クラブの総合力であり、底力が試されていると言えるかもしれない。

文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads