久保建英が横浜FMデビュー!アシスト&フル出場も敗れる

横浜F・マリノスで公式戦初出場した久保。(C)SAKANOWA

3-4-2-1のシャドーで先発。

[天皇杯4回戦]横浜FM 2-3 仙台/2018年8月22日/ニッパツ三ツ沢球技場

 FC東京から横浜F・マリノスに期限付き移籍したMF久保建英が22日、天皇杯のベガルタ仙台戦で新天地デビューを果たした。フル出場を果たしたものの、試合は2-3で敗れた。

 この日の横浜は先日のリーグ戦に続いて3-4-2-1の布陣を採用。久保は左シャドーで先発起用された。16分に仙台の石原直樹にミドルを決められ先制点を許し、ウーゴ・ヴィエイラがPKを失敗するなど、ホームチームに嫌な雰囲気が漂う。そんななか40分、仲川輝人のパスを受けた久保のふわりと上げたクロスを、同じく東京ヴェルディから加入した畠中槙之輔がボレーで合わせて同点に追い付く。久保&畠中の”新加入コンビ”で一仕事をした。

 久保はコーナーキックのキッカーも担当。序盤は仙台のプレスに苦しんだものの、徐々にボールに絡む回数も増えて、攻撃のリズムを掴み出している。

 だが前半ラストプレーでジャーメイン良が決めて、仙台が再び2-1とリードして折り返す。後半は1点ずつ取り合い、仙台が準々決勝へコマを進めた。久保はフル出場。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads