「まだ80パーセント」2戦連続弾の鎌田大地、途中出場が続く理由とは?

鎌田大地がアントワープ戦で2試合連続ゴールを決める!©STVV

日本代表の遠藤航、冨安健洋もフル出場で3連勝。

[ベルギー1部 8節]  シント=トロイデン 2-0 アントワープ/2018年9月22日/スタイエン
 
 シント=トロイデン(STVV)のMF鎌田大地がアントワープ戦で、リーグ戦2試合連続ゴールを決めた。チームは3連勝を達成。また、STVVの日本人選手では、日本代表の遠藤航、冨安健洋がフル出場を果たした。
 
 鎌田は76分に途中出場。後半アディショナルタイム、カウンターから数的優位に持ち込むと、ペナルティエリア内でパスを受けてフリーになり、GKの動きをしっかり見たあとに交わし、冷静かつ豪快にシュートを叩き込んだ。試合はそのまま2-0で終了し、今季初の3連勝を果たした。
 
 試合後、鎌田は次のように喜びを語った。
 
 

「完全な1対1だったのであれは決めないといけないシーンでしたが、簡単なゴールほど難しいので、上手く決められて良かったです。右足の太腿に痛みが少しあって、コンディションは先週が70パーセント、今週で80パーセントくらいまで持ってこられたと思います。

 こうして良い雰囲気の中で試合ができることは選手にとって素晴らしいことで、次節のアンデルレヒト戦も良い雰囲気でサッカーができると思うので、そういう状況に自分がいられることを嬉しく思っています」

 まだコンディションが万全でないため、再離脱だけは何としても避けるため、クラブも慎重に起用していることが伺える。サガン鳥栖から海を渡って、1年が経った。完全復活とさらなる進化に向けて、鎌田が確かな感触を掴んでいる。

「まだ80パーセント」鎌田大地は徐々にコンディションを高めている。©STVV

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads