久保建英がヒーローになる条件

北朝鮮戦前日練習でのU-19日本代表MF久保建英。(C)SAKANOWA

U-19アジア選手権、何より求められるのは得点に絡む仕事だ。

[U-19アジア選手権] U-19日本代表-U-19北朝鮮代表/2018年10月19日/パカンサリスタジアム(インドネシア)

 U-19日本代表のMF久保建英(横浜F・マリノス)が10月19日、U-19アジア選手権の初戦・北朝鮮戦を迎える。今大会に臨む日本のメンバー23人の中で、横浜FCの斉藤光毅とともに最年少17歳での選出となる。

   試合前日の練習では(冒頭のみ公開)、スプリント練習で先頭を務めた。あとから続くチームメイトに大きな声を掛けて士気を高めるなど、雰囲気作りにも一役を買っていた。

   負傷から復帰した鹿島アントラーズの安部裕葵が合流したことで、攻撃的MFやFWの争いはさらに熾烈にさが増した。同僚であるレフティの堀研太、セレッソ大阪の安藤瑞季も、今回は選ばれなかった。

   選ばれたからには──久保はあくまでも勝利とU-20ワールドカップの出場権獲得のためだけに戦うと決意を示した。

「この北朝鮮との初戦に集中してきました。まず明日の試合です」

   久保は目の前の試合に懸ける想いを強調する。

「強く行くところは強く行って、冷静さも失わないようにしていければと思います」

 北朝鮮戦では、果たして先発なるか。それともジョーカー役に回るのか。

   いずれにせよ、そのセンスが必要とされるのは、ゴールがほしいときだ。思い切り目立ってヒーローになるぐらいの気概を、少し見せてみても面白いかもしれない。

「(プロとなって1年が経つが)結果がすべての世界に、自分も入り始めたところです。リーグ戦もそうですけれど、こうしたトーナメント戦では一発勝負になってきます。そういうところでの経験値を蓄えることも必要で、大会をどのように過ごしていくかも大切。みんなもリーグ戦や普段のチームとは違った戦い方が必要になってくると思うので、共有してやっていきたいと思います」

 久保がチームとともに、何かを突き抜けるための大会にしたい。その先には、U-20ワールドカップであり”世界“が待っている。年齢など関係なく、その手で、その足で、道を切り開きたい。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function setPostViews() in /home/sakanowa/sakanowa.jp/public_html/wp-content/themes/luxech/single.php:35 Stack trace: #0 /home/sakanowa/sakanowa.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/sakanowa/sakanowa.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/sakanowa/...') #2 /home/sakanowa/sakanowa.jp/public_html/index.php(17): require('/home/sakanowa/...') #3 {main} thrown in /home/sakanowa/sakanowa.jp/public_html/wp-content/themes/luxech/single.php on line 35