【サウジ戦 キックオフ情報】勝利へ3つのポイント「セットプレー」「19番」「大迫」

(C)SAKANOWA

アジアカップ8強を懸けてロシアW杯代表チーム同士の対戦に。

[アジアカップ ラウンド16] 日本- サウジアラビア/2019年1月21日/シャルジャ・スタジアム

 UAEアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)、日本代表対サウジアラビアの先発メンバーが日本時間の1月21日20時、キックオフを迎えた。

 日本はグループリーグ2節・オマーン戦(〇1-0)のメンバーのうち右臀部を痛める大迫勇也をベンチに置き、代わって先日の3節ウズベキスタン戦(〇2-1)でゴールを決めた武藤嘉紀が2試合連続で先発に名を連ねた。

 一方、サウジアラビアは第1戦の北朝鮮戦(〇4-0)とまったく同じメンバー。こちらも現時点で今大会のベストと言えるメンバーを揃えてきた。

 FIFAランキングは日本が50位、サウジアラビアが69位。アジア内のランキングは日本が3位、サウジアラビアが5位。

 日本が勝利するためのポイント3つを挙げたい。

 まずはセットプレーだ。サウジアラビアはセットプレーの守備に甘さがあり、また日本ほど高さと強さを備えておらず、必ず「穴」がある。柴崎らの精度の高いキックから、パワーのある吉田麻也や酒井宏樹を上手く生かしたい。

 守備面では長友佑都も「とにかく早い。スピードモンスター」と評する19番のファハド・アルムワラドの一発で局面を打開するスピードに十分注意したい。サウジアラビアは4-1-4-1(4-1-2-3)を採用。アルムワラドが1トップを務める。とはいえ、警戒しすぎるあまり、ラインを下げすぎて間延びを起こしてしっては本末転倒。逆にそのボールを奪えれば逆襲を仕掛けられるだけに、重要なポイントとなる。

 そして、気になるのが前線の柱である大迫の状態だ。もしもゴールがほしい時、果たしてピッチに立つことができるのか。しかも決勝トーナメントは、同点の場合は15分ハーフの延長戦、そしてPK戦に突入する。森保一監督も大迫投入の決断に踏み切るには、どのタイミングがベストなのかを見図らなくてはならない。まさに手腕の見せどころだ。

 アルゼンチン生まれでスペイン国籍を持つフアン・アントニオ・ピッツィ監督が率いるサウジアラビアは、2018年のロシア・ワールドカップではエジプトに勝利を収めたがグループステージ1勝2敗で敗退。ポゼッションスタイルを志向し、今大会のグループステージは2勝1敗(レバノン、北朝鮮に勝利、カタールに敗れる)で2位通過だった。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads