【イラン戦先発案】大迫が満を持して登場。警戒しすぎは禁物

(C)SAKANOWA

明日アジアカップ準決勝。イランは今大会3得点のサイドアタッカーが出場停止。

[アジアカップ 準決勝] 日本- イラン/2019年1月28日(日本時間23時)/ハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム

 アラブ首長国連邦(UAE)でのAFCアジアカップ2019準決勝、日本代表対イラン代表が1月28日現地時間18時(日本時間23時)から行われる。

 FIFAランキングは日本が50位、イランは29位。AFC内では日本が3位、イランが1位。国際Aマッチでの通算成績は5勝5分6敗(公式戦通算は5勝6分7敗)。

 イラン代表はまさにタレント揃い。昨季オランダのエールディビジで33試合21得点を決めて得点王に輝きプレミアリーグのブライトンFCに移籍したアリレザ・ジャハンバフシュ、今大会チーム最多4得点を決めているサルダル・アズムン(ルビン・カザン)、無失点の守備を支えるKASオイペンで豊川雄太とチームメイトのモルテザ・プーラリガンジ。海外組の実績と力は日本と遜色ないか、イランのほうが上と言える。

 ただし、ジャハンバフシュはブライトンで10試合無得点と、昨季のような輝きを放てずにいる。また、過去A代表1得点だったが今大会3ゴールを決め”ラッキーボーイ”になっていたサイドアタッカーのメフディ・タレミが累積警告により日本戦は出場停止になる。

 一方、日本は、大迫勇也の先発復帰が確実視される。大会初戦のトルクメニスタン戦(〇3-2)で先発したが右臀部を傷め、その後調整に時間をあててきた。準々決勝のベトナム戦(〇1-0)で72分から登場すると、さっそく存在感を示して前線の起点となった。

 大迫を除く中心選手は2試合連続先発中である。故障さえなければ、この準決勝でもスタメンで起用されるだろう。その疲労の蓄積はやはり懸念材料される。ベトナム戦で足を気にしていた酒井の右サイドバックに室屋成、好パフォーマンスを見せた乾貴士を起用しても面白そう。

 ただ、いずれにせよイランをあまりに警戒するあまり、受けて立つような形になるのは避けたい。

 決勝トーナメントに入ったあとの2試合、前半にリードできたことで、試合の主導権を握れた。ただサウジアラビア(〇1-0)、ベトナムにはシュート精度の低さに助けられた部分もあった。

 イランは先に挙げた選手をはじめ、ドイツ国籍も持ち長谷部誠とともにヴォルフスブルク時代にブンデスリーガ優勝を果たしているアシュカン・デジャガら抜け目ない選手が揃う。日本も自陣で耐える時間も出てくるはずだが、できるだけ大迫のキープ力を生かし、敵陣でのプレー時間も増やしてゴールを奪い切りたい。

 柴崎岳のキックと冨安健洋や吉田麻也の高さを生かしたセットプレーは、再びポイントになるだろう。加えて乾貴士、塩谷司、北川航也ら交代カードの選手も鍵を握ってくる。

 今大会最も楽しみなカードが実現した。ベトナム戦はいろいろな見方ができるが、あとは、流れの中からゴールを決めるだけだったとも言えた。そこに最前線に大迫という最も貴重なピースが加わったのだから、期待は膨らむばかりだ。日本の選手たちのこれまで以上に躍動するプレーをぜひ見せてもらいたい。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads