神戸が米ツアー出発。イニエスタは観光局の『顔』に

神戸でプレーするアンドレス・イニエスタ。(C)SAKANOWA

欧州での訪日プロモーション役に起用!

 ヴィッセル神戸が1月24日、プレシーズンのアメリカツアーへ出発した。2月5日まで滞在し、コロンバス・クルーSC、ロサンゼルスFC、トロントFCとプレシーズンマッチを行う。2月7日に帰国予定。

 また、このほど神戸のMFアンドレス・イニエスタが、「日本政府観光局(JNTO)」の欧州向け訪日プロモーション役に起用されることが決まった。

 今後、イニエスタがオフに訪れた日本の観光地(奈良など)の魅力を伝える動画を、自身のSNSや「イニエスタTV」、JNTOのYouTubeチャンネルで順次公開していく。また、今回の起用を受けて、「楽天トラベル」がJNTOと共同で欧州からの観光客誘致も行っていく。

 また、JNTOが運営する訪日観光促進のための公式SNSアカウントをフォローしてコメントした方の中から抽選で、欧州各地から日本への往復航空券、FCバルセロナの選手サイン入りグッズが当たるキャンペーンを1月22日から実施。2月2日のカンプノウでのバルセロナ対バレンシア戦では、来場者が墨絵や折り紙など日本文化を体験できる観光情報ブースを設け、スタジアムのメインスクリーンでイニエスタが日本を紹介する動画を放映する。

 イニエスタが日本を世界へ発信――。ピッチ外での貢献度も計り知れない。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads