「FWはこれが正解」知念慶が公式戦4戦連発!川崎リーグ戦ホーム初勝利…湘南完敗

川崎の知念慶。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

4試合負けなしで暫定5位浮上。脇坂がリーグデビュー。

[J1 8節] 川崎 2-0 湘南/2019年4月19日/等々力陸上競技場

 川崎フロンターレが湘南ベルマーレ戦、阿部浩之、知念慶のゴールで2-0の勝利を収めた。J1リーグ2連覇中の川崎は最近4試合3勝1分で暫定5位に浮上した。

 川崎は立ち上がりの湘南のアグレッシブなアタックを凌ぐと、最前線の知念慶にボールを集めて、チャンスを作り出す。

 21分、最前線に上がっていた馬渡和彰が胸で落とすポストプレーに、阿部がインサイドボレーで合わせる技ありループを決めて先制に成功! さらに37分、最終ラインの奈良竜樹のスルーパスから、知念が抜け出してシュートをねじ込んだ。

 後半は川崎が試合をコントロールしながら、2-0で勝点3を掴んだ。

 ACLと合わせて公式戦4試合連続ゴールとなった知念は、ヒーローインタビューで次のように語った。

「奈良くんと目が合っていいボールが来て、少し迷いはあったけれど決められて良かったです。最近プレーは良くないけれどゴールは取れているので、FWとしてはこれで正解かなと思います。チームの勝利につながるゴールを決めて、貢献していきたいです。(リーグ戦ホーム初勝利となったが?)長い間、待たせてしまいました。また勝利を掴めるように、また準備をしていきたいです」

 また、川崎の脇坂泰斗が途中出場でJ1デビューを果たしている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads